ニュージーランド現地無料留学エージェント

ニュージーランドには8つの大学があり、全て国立大学だ。

そのうちの一つMassey University が、今年の3月から、学生が試験教室に腕時計を持ち込むことを完全に禁止するルールを作った。理由は、スマートウォッチの世界的な発売だ。スマートウォッチは、Apple Watchに代表されるようなインターネットに接続できる腕時計だ。

ニュージーランドヘラルド紙のオンライン版によると、Massey Universityの広報担当者は、「試験に腕時計の持ち込みを禁止するのは、試験にラップトップコンピュータやスマートフォンを持ち込めないのと同じ理屈だ」と語ったそうだ。

試験は時間との戦いなので、自分の時計を持ち込めないのは受験生はとても困ると思う。「だったら、スマートウォッチだけ持ち込み禁止にすればいい」とおっしゃる方もいるかもしれないけれど、何百人もいる受験生の一人一人の腕時計がスマートウォッチかどうかを試験前に確認するというのは、現実的ではないだろう。

ロンドンのCity University なども同じようなルールを作っているそうだし、今後は、大学に限らず、高校やあらゆる試験会場で、腕時計の持ち込みが禁止されるようになるのではないか。

近い将来スマートウォッチのような「ウエラブル端末」がどんどん市場に出てくると、試験のやり方そのものを根本的に変えなければならないかもしれない。