ニュージーランド現地無料留学エージェント

弊社が運営する留学生ブログ「ほんとの生活@ニュージーランド」で、ブログライターのRinさんが、言葉について書いていた。

Rinさんは「言葉の力は私達が感じている以上に大きい」と書いているけれど、私も本当にそう思う。毎日毎日私達は、言葉を使って生きている。まる一日誰とも話さない日があったとしても、自分の頭の中では、言葉を使って考えている。だから、生きている以上、言葉からは逃れられないし、言葉が私達に及ぼす影響は想像以上に大きい。

いつもポジティブな言葉を使っている人は、その言葉に影響されて、気持ちも行動も態度もポジティブになると思うし、逆に、ネガティブな言葉を使っている人は、気持ちも行動も態度もネガティブになる。日本語には言霊(言魂)がある、という人もいるけれど、それは、Rinさんがいうのと同じように、言葉の持つ力の大きさ、影響力の強さを言っているのだと思う。

だから、よく見てみると、何かに一所懸命になっている人、目標に向かって進んでいる人、夢を叶えようとしている人などは、あまりネガティブな言葉を使わない。わざと使わない人もいるだろうけれど、気持ちや行動がポジティブな状態にある人は、言葉もポジティブになるのだと思う。

言葉が先か、気持ちや行動が先か、どちらでもいいのだけれど、発する言葉、頭の中で考える言葉に気をつけることで、気持ちや行動が変化するだろうし、その気持ちや行動の変化がまた、言葉にも現れてくるのだと思う。