ニュージーランド現地無料留学エージェント

もうすぐクリスマスだ。ニュージーランドではみんなそう思う。

日本では12月に入ると、「年の瀬」だとか「お正月」などの言葉も口に上るけれど、ニュージーランドでは「クリスマス」だけだ。新年をお祝いする人もいるけれど、やっぱりクリスマスには圧倒的にかなわない。

クリスマスは12月25日に家族そろってお祝いする。一昔前の日本のお正月のようだ。店はどこも閉まり、市内も閑散としている。みんな家族で集まって、バーベキューをしたり、ビーチで泳いだりするのが、ニュージーランドのクリスマスだ。

そして、子どもから大人まで、集まった人全員にクリスマスプレゼントをあげる。子どもでもなけなしのお小遣いをはたいて、2ドルショップなんかで小さなものを買って家族に渡す。

だから、12月に入るとみんなクリスマスプレゼントのショッピングをする。

先日のニュージーランドヘラルド紙に、「NZ’s worst Christmas presents revealed(ニュージーランドの最悪のクリスマスプレゼント発表)」と題した記事が掲載されていた。それによると、アイロン台、スパイスガールズのCD、スターウォーズのキャラクターの歯ブラシ、などが挙げられていた。また、靴下、ハンカチ、下着なども、もらった人をがっかりさせるクリスマスプレゼントだそうだ。

ほんとうにそんなものを買う人がいるのだろうか、というリストだけれど、クリスマスプレゼントは何人にも、人によっては何十人にもあげるので、中にはあまりよく考えずに買う人もいるのかもしれない。

一年に一度くらいは、家族みんなで集まって、のんびりと過ごす。国中の人全てがそんな日を過ごせるために、ほとんどの店が閉まる。日本でもそんな日が一年に一日くらいあってもいいのではないか、とニュージーランドのクリスマスを前にいつも思う。