ニュージーランド現地無料留学エージェント

言葉でのコミュニケーションは難しい

言葉でのコミュニケーションは難しい

言葉でのコミュニケーションは難しいと、最近特に感じる。 例えば、「AとBと二つの方法があるけれど、どうする?」と誰かに聞かれたとき、2つの選択肢から選ぶことができるんだ、とうれしく思う人もいるかもしれないし、自分で考えて選ばなければならないのかと、突き放されたように感じる人もいるかもしれない。またあ …

想像できないようなゴールを目指せ

想像できないようなゴールを目指せ

弊社の長期の中学高校留学生達には、毎年学年の最初にゴールセッティングをしてもらっている。 10年後20年後の長期のゴール、留学終了時のゴール、今年のゴール、などを考えてもらって、それを踏まえて、各学期ごとのゴールを設定する。そして、そのゴールを達成するために毎週、毎日なにをすべきかまで考える。 まず …

人生は楽しむためにある

人生は楽しむためにある

先日、ロトルアの知人と会った時、彼が20代に何をしていたのか話してくれた。 ロトルアの高校を卒業した後しばらくして、数週間滞在するつもりで一人で米国に渡ったそうだ。その後、メキシコに移動し、そこから南米に行って、仕事をしたり、遊んだり、旅行をしたりしていると、気がついたら数年経っていたそうだ。 20 …

平気でうそを流す人達

平気でうそを流す人達

今は、ほとんどの情報をネットから得ている人も多いだろうう。 ネットの情報には、とても役に立つ情報もあるし、それによって人生が変わったという人もいるだろう。また、勉強しようと思えばいくらでもできるサイトがあるし、新聞や雑誌では得られない情報もたくさんある。 でも、ツイッターやフェイスブックなどを見てい …

人生を変える大きな決断をする時はとても怖い

人生を変える大きな決断をする時はとても怖い

今までに、人生の大きな決断をしてきた人も多いだろう。 長期の留学ももちろんそうだし、就職、転職、ビジネスの立ち上げ、進学、投資、借金、大きな買い物、移住など、その時の決断でその後の人生が大きく変わる。そんな決断をしてきた人が、たくさんいるだろう。 人生の大きな決断をする時は、 時には不安で怖くて心配 …

今年の夏は暑かったから

今年の夏は暑かったから

今年の日本の夏はかなり暑かった。 2年後の東京オリンピック・パラリンピック開催もあり、夏の熱中症対策に関しても、大きなニュースになっていたようだ。 もう20年以上前になるけれど、私が日本で暮らしていた頃の夏の気温は、せいぜい30度を超える程度で、体温を超えるような気温はおそらくほとんどなかったと思う …

自分の市場での価値を上げるためだけに十代の時間とエネルギーを使うのはもうやめよう

自分の市場での価値を上げるためだけに十代の時間とエネルギーを使うのはもうやめよう

弊社の中学高校留学生達に将来のゴールや夢を聞くと、若いうちに起業したい、NPO法人を立ち上げてクラウドファンディングで資金調達したい、得意なダンスで世界のどこかで生活したい、ラグビーのオールブラックになりたい、日本の教育を変えたい、などと普通に言う。 私達も、当然それができることを前提に、話をしてい …

スマホの画面はどこでも同じ

スマホの画面はどこでも同じ

もうスマホは生活には欠かせないものになった。 大人だけではなく、おそらく高校生くらいの年齢なら、スマホがないと生活できないと言ってもいいくらいのツールになった。 でも、スマホの中の世界はどこで見ていても同じだ。 大阪にいても、北海道にいても、ロトルアにいても、クライストチャーチにいても、ロンドンでも …

人のせいにする人は成長しない

人のせいにする人は成長しない

弊社では、留学は経験だと考えている。 日本を離れ、それまでと違う環境で生活し、日本では経験できないことを経験し、そこからいろんなことを学び、成長する。それが留学だ。 留学生活では、たまにはうまくいかないこともあるだろう。嫌な思いもするかもしれない。でも、それも経験の一つだ。弊社では、留学生達の健康と …

黙って俺についてこいと言われたら

黙って俺についてこいと言われたら

黙って俺についてこい、というのが、昭和の時代には流行った。 今では考えられないかもしれないけれど、そんなことを言う人がかっこいいと思われていた時代があった。 でも、実は今でも、似たようなことを言う「先輩」や「上司」や「先生」がいるかもしれない。 「つべこべ言わず、言われたことを言われたとおりにしてい …

自分の未来は自分で作る

自分の未来は自分で作る

先日のこのブログ、「留学の決断をする時には」でも書いたけれど、これから先の人生を選ぶというのは、まだどこにもないものを選ぶことで、なにを選んでも、その人が選んだ人生をどう作り上げていくかが、とても大切だ。 これから先、失敗しないだろうか、恐れいていることが起らないだろうか、などとネガティブな想像ばか …

「僕はAさんです」は認められない

「僕はAさんです」は認められない

ニュージーランドに限らずどこかの国に入国する時には、イミグレーションでパスポートを見せる。 移民局のスタッフは、パスポートをスキャンして情報を見て、写真と実際の顔が同じかどうか確認し、時にはいくつか質問をして、入国許可を出す。 また、ニュージーランドでは、パスポートとニュージーランドの運転免許証は、 …

今やっている勉強は役に立つのか

今やっている勉強は役に立つのか

たまに、「こんな勉強をして、将来なんの役に立つんですか?」という小中高校生がいる。 確かに、小学生や中学生高校生がやる勉強は、「こんなことに必ず役に立つ!」という内容のものは少ないだろう。また、こんなことに必ず役に立つ、という勉強のほうが、やる気も出ると思う。 じゃあ、なんで役に立つかどうかわからな …

入学試験の公平性と大学の学生の多様性

入学試験の公平性と大学の学生の多様性

東京医大で入学試験の得点を操作して、女子の合格者数を調整していたというニュースがあった。 それに対する意見には、「不正は許されない」というものがほとんどのように思う。 私もそう思う。不正は許されない。 この問題はいくつかのポイントがあると思う。例えば、入学試験の公平性、性差別、女性の働き方、大学の学 …

スピード違反取り締まりはアンフェアか?

スピード違反取り締まりはアンフェアか?

少し前の話だけれど、友人のニュージーランド人が、スピード違反でつかまった話をしていた。 彼はかなりの安全運転ドライバーだけれど、免許を取ってから一度だけスピード違反でつかまったそうだ。 「その時は、学校の近くを走っていたんだけれど、週末で学校は休みだった。だから、普段なら40キロで走るところを少しス …

うそをついてはいけません?

うそをついてはいけません?

うそをついてはいけません、約束をやぶってはいけません、不誠実はいけません、などと言われる。 逆に言えば、うそをついたり、約束をやぶったり、不誠実だったりする人達がたくさんいるということだ。 そして誰でも気をつけていないと、うそをついてしまったり、約束をやぶってしまったり、不誠実であったりする、という …

「さよなら、おっさん。」を考える

「さよなら、おっさん。」を考える

先日日本で「さよなら、おっさん。」という広告が話題になっていた。 賛否両論があったようだけれど、この広告を出したNewsPicksのサイトでは、「さよなら、おっさん社会」という特集もやっている。 賛否が分かれたのは、「おっさんの定義」によるのだろう。「おっさん」という言葉をどうとらえるかということだ …

優しさも必要だけれど

優しさも必要だけれど

人間に優しさは絶対に必要だ。 でも、優しさだけでは足りないこともあるだろう。 特に、誰かをサポートする時、四字熟語でいえば対人支援をする時には、優しい気持ちを行動にそのままあらわす人ばかりでは、うまくいかないと思う。 もちろん、サポートされる人の気持ちに寄り添い、理解しようとし、言葉や態度に気をつけ …

RESPECTする

RESPECTする

ニュージーランドの人達は、「RESPECT」を重んじる人が多いように思う。 例えば、タウランガボーイズカレッジの学校の基本方針には、「we value and model these “Good Man” 」として、 Respect for Self, Others, Lea …

留学の決断をする時には

留学の決断をする時には

留学は人生の大きな決断だ。 年齢が低い中学高校留学ならなおさらだ。長期留学になると、日本で中学や高校に行く代わりに留学することになるので、新しい可能性を得るという以外に、得られるはずのものをあえて選ばない、という決断もしなければならない。 だから、長期の中学高校留学をする場合、本人はもちろんのこと、 …