ニュージーランド現地無料留学エージェント

ワークライフバランスはもう古い?

ワークライフバランスはもう古い?

ワークライフバランスという言葉が一時流行ったけれど、最近は日本でも働き方改革が実施されるようになって、また注目されているようだ。 ウィキペディアによると 「「仕事と生活の調和」と訳され、「国民一人ひとりがやりがいや充実感を持ちながら働き、仕事上の責任を果たすとともに、家庭や地域生活などにおいても、子 …

平気でうそをつく人がいる

平気でうそをつく人がいる

平気でうそをつく人がいる。 日本にもいるしニュージーランドにもいる。おそらく世界中どこにでもいるのだろう。 そんな人達は、小さなうそならついても大丈夫だと思っているようだ。 そして何度も何度も小さなうそをついているうちに、小さなうそならいくらついてもいいと本気で信じるようになって、日常的に当たり前の …

直感を信じられるかどうかは

直感を信じられるかどうかは

普段の生活では、特に長い留学生活などでは、何に対しても一生懸命考えて、自分で判断して動くことが大切だと思う。 でも矛盾しているようだけれど、なんとなくそう感じる、という直感もとても大事だ。 全体としてはあまりうまくいっていない時でも、これからはなんとなくうまくいけそうだという直感。 逆に、今はすごく …

自分勝手な人がいる

自分勝手な人がいる

自分勝手な人がいる。 皆さんの周りにもいるだろう。 自分だけがハッピーであればそれでいいと思っている人。 人の立場でものごとを考えようとしない人。 相手をリスペクトしない人。 そんな人がいる。 そんな人を見ていて気付くのは、そんな人は自分が自分勝手であるとはさらさら思っていないことだ。 だからこそ自 …

失敗は許されるのだから

失敗は許されるのだから

留学に来る前は、「うまくいかなかったらどうしよう」と不安になる。みんな同じだ。 また、留学が始まったあとの生活でも、失敗したらどうしよう、とプレッシャーを感じることも多い。大きなゴールを設定している留学生ならなおさらだ。 でも、うまくいかないことも、失敗することも、必ずある。留学生活がなにもかもうま …

どれを選んでも確実なことなどない

どれを選んでも確実なことなどない

以前にこのブログでも何度か書いたけれど、多くの人は今日と同じ明日が来ると思い込んでいる。 でも実際にはそうとは限らないことは、もう誰でも 知っているだろう。 明日が不確実であるならば、未来に対する確実な選択肢などないことになる。100%確実にそうなるという未来に対する選択肢はない。 これから先のこと …

メンタル弱くてもいいんです

メンタル弱くてもいいんです

どんな人でも、うまくいかないことがあると、自分は駄目だなあ、弱いなあなどと思う。 周囲の人から見るとメンタルがものすごく強く見えている人でも、 自分は駄目だなあ 、弱いなあと必ず感じている。 誰もが弱い部分を持っている。強靭な精神力をいつもいつも持ち続けている人など一人もいない。 だから、中学高校留 …

明日がお休みでなくても毎日ウキウキする方法

明日がお休みでなくても毎日ウキウキする方法

明日はお休みだと思うと誰もうれしいだろう 休みの前日はなぜだか心がウキウキする。 でも考えてみると、心がウキウキする休みの前日は、ほとんどの場合休みではない。学校に行かなければならないし、仕事をしなければならない。実際には目の前に授業があるし、仕事もある。なのに、まだ来ていない休みに心が躍る。なぜだ …

あなたがそこにいるだけで私は幸せ

あなたがそこにいるだけで私は幸せ

中学高校留学生の親御さんとよく話をする。 親御さんは、子どもに、こんな人になってほしい、と考えている。子どもを留学に行かせるのも、その思いの一つの表れだろう。 でも、親御さんといろいろと話をしていて感じるのは、実は、子どもにこうなってほしいというのは、親御さんにとって最も重要なポイントではないという …

リスペクトとフェアで考えてみる

リスペクトとフェアで考えてみる

リスペクトについては、このブログでも何度か書いた。 ニュージーランドのRespect は、相手を理解しようと努力するところから始まり、相手のことを想像し、相手の視点からものを見て、相手の尊厳を守ることだ。 だから、対象となる相手は、赤ん坊から大人まで、そして人間以外の組織や団体など全てが含まれる。 …

セルフマネージメントが大切

セルフマネージメントが大切

以前にもこのブログでも書いたけれど、ニュージーランドではYear 7 (日本の小学6年生)くらいになると、セルフマネージメントが求められるようになってくる。 セルフマネージメントは、自分自身を制御統制する以外にも、計画を立てるとか、調整するとか、予想するとか、説明するとか、責任を取るとか、率先すると …

18歳までの成長がその後の人生を決める

18歳までの成長がその後の人生を決める

12歳から18歳くらいの中学高校留学生達を見ていると、その成長、変化に驚かされることが多い。 ほんの1ヶ月前とは別人のように雰囲気が変わる人もいるし、昨年とは違って子どもから急に大人になる人もいる。 そしてその変化の大きさは、年齢が低いほど大きいように思う。 もちろん個人個人によって違うけれど、18 …

マニュアルを捨ててみる

マニュアルを捨ててみる

仕事でも勉強でもスポーツでもなんでもそうだけれど、何かをするときに、ある程度のマニュアルがあるだろう。 そして、ほとんどの場合はそれに従って進めていく。 ニュージーランドでも同じだ。仕事や勉強、スポーツでもなんでも、マニュアルがある場合は、それに従って進めて行く。 でも、何かイレギュラーなことが起っ …

今やろうと思っていたのに

今やろうと思っていたのに

多くの方は同じ経験をしていると思うけれど、子どもの頃「今、それをやろう」と思っていたときに親や先生が「早くそれをやりなさい!」ということがよくあった。 今見ているテレビ番組が終わったら部屋の片づけをやろうと思っていたら、番組が終わる5分前に、「はやく部屋を片づけなさい!」と親に言われたり、時間になっ …

ボタンを押せば思い通りのものがいつも出てくる

ボタンを押せば思い通りのものがいつも出てくる

どこでもそうだけれど、自分の思い通りに行かないと、周りを責める人がいる。 自分の思い通りにいってあたりまえ。そうならないのは周りが悪い。そんな態度で生きている人がごくたまにだけれどいる。 そんな人は、ボタンを押せば望み通りのものがいつも出てくると思っている。世の中を自動販売機と同じように考えている。 …

迷ったらとりあえずやってみる

迷ったらとりあえずやってみる

人生の大きな決断をする時は、迷ったり悩んだりする。当然だ。 迷って悩んで、どうしていいのか、わけがわからなくなる。何を基準に決めればいいのか、誰のアドバイスを聞けばいいのか、最終的にどうやって決めればいいのか、何が何だかわからなくなって、振り出しにもどって、ぐるぐるまわる。 そんなときには、「決断す …

これで世界の終わりではない

これで世界の終わりではない

ニュージーランドの人はたまに、「Its’ not the end of the world」という。 直訳すると、「これで世界の終わりではない」という意味だ。誰かが、何かに悩んでいる時、うまくいかないとき、結果が出ないとき、落ち込んでいるときなどに、その人にかける言葉だ。 悩んでいるかも …

お金のためだけに仕事をしてもいいのか?

お金のためだけに仕事をしてもいいのか?

多くの人は、仕事の中にやりがいを見つけようとする。 仕事を通して自分の夢を叶えたり、自分の好きなことを仕事にしたり、やりがいのない仕事は避けたりする。 いいことだと思う。毎日毎日何十年もやる仕事だから、夢がなかったり、好きでなかったり、やりがいがなかったりすると、続けられないし、楽しくない。 でも、 …

後悔と不安を感じないためには

後悔と不安を感じないためには

多くの人はそうだと思うけれど、一日が終わってあまり疲れてない日もあるし、ものすごく疲れを感じる日もある。 なぜその日は疲れているのかを考えてみると、フィジカルな部分ではなく精神的な部分から疲れが来ていることが多い。 じゃあ精神的な疲れはどこから来ているのかをよく考えてみると、それは、過去に対する後悔 …

リスクを楽しめ!

リスクを楽しめ!

人生には何度か大きな決断をするときがある。 学校選択、就職、結婚、引っ越し、などに加えて、留学、移住、などもそうだろう。 そんなとき、周りの人がいろんなことを言う。こんな学校がいいですよ。その会社は将来性がありますよ。その人はとてもいい人だと思う。その場所で暮すと便利です。留学に行くといろんな経験が …