ニュージーランド現地無料留学エージェント

語学留学生は英語のスキルを伸ばすことを一番の目的にして留学を始める。高校留学生の多くも、同じように、英語力をつけることを一つのゴールにしている。けれど、特に長期高校留学生の場合は、その他にもやりたいこと、身に付けたいことがたくさんある。

例えば、現地の友達をたくさんつくるとか、ラグビーなどスポーツのスキルを身に付けるとか、ニュージーランドを含めて海外の大学や専門学校に進学をするとかだ。

これらの英語以外のゴールも、実は英語力の伸びが大きな鍵になっているのだけれど、中には、「英語力にかかわらず、現地の友達をたくさん作ればいい」とか「ラグビーのスキルが身につけば、英語力は多少伸びなくてもかまわない」などと考える留学生もいる。また、「どうせ卒業したら日本に戻るんだから、簡単な会話くらいできればいい。読み書きのスキルは自分は要らない」と本気で考えている留学生もいる。

ニュージーランドの高校では、留学生を対象とした英語の授業、ESOLが行われている。学校によって様々だけれど、おおよそ毎日1時間程度は英語力に応じてESOLの授業を受けることができる。基本的な時間数であれば、授業料に費用は含まれている。

英語のスキルを伸ばそうと、真剣にESOLの授業に取り組む留学生も多いけれど、やはり毎時間一所懸命座学に取り組むのは、高校生にとっては難しい。授業中他のことを考えたり、横の人と日本語で話をしたり、教科書に落書きをしたりする人もいる。これは、日本の高校生でも似たようなものだろうと思う。

でも、たとえ留学の第一の目的が英語力の向上でなかったとしても、せっかくニュージーランドに留学に来て、英語の先生から英語をきちんと教えてもらう時間があるのなら、その時間集中して英語に取り組むべきだと思う。文法や単語の勉強は、きっとつまらなくて「ダルい」だろう。けれど、そこを我慢して、少しずつ文法を覚え、語彙力を増やしていくことで、英語力は少しずつ伸びていく。

私がニュージーランドに移住してきたときは、今から考えると英語力がそれほどあったとは言えなかったし、暮らし始めてすぐ仕事を始めたので、ニュージーランドで英語をしっかりと先生から教えてもらう機会がなかった。移住する前に、日本でネイティブの先生に個人的に一年ほどレッスンを受けていたのがものすごく役に立ったけれど、「もう少しきちんと、文法や単語を身に付けておけばよかった」と何度も思った。

だから、高校留学生が、在籍するニュージーランドの高校の授業で、きちんと英語を先生から教えてもらっているのが、すごくうらやましい。

いろんなやることがあって「ダルい」かもしれないけれど、せっかく目の前に英語の先生がいて、きちんと英語を勉強できるチャンスがあるのなら、しっかりと集中して取り組んで、聞く話すスキルだけではなく、読む書くのスキルも伸ばしてほしいと思う。