ニュージーランド現地無料留学エージェント

子育ては難しい。

先日も高校留学生のお母さんと話をしていたのだけれど、「どうしてもついつい手を出してしまうんです」とおっしゃっていた。

子ども達にはできれば自立した人間になってほしいし、大人になれば自分で何でもできる人間になってほしいと願っている。でも、高校生になっても、ついつい手を出して助けてしまう。だから、子ども達も親に頼って、自分から進んで何事にも取り組むという態度が身につかず、誰かが手伝ってくれるのをじっと待つようになってしまう。

「そんなもの、手を出して助けなければいいだけだろう。」とおっしゃる方もいるだろう。確かにそうだ。子どもが自分でやるべきこと、子どもが自分でできることは、全て手を出さずに黙って見ていて、うまくいったら褒めてやり、失敗したら最小限のフォローをしてやることができれば一番良い。

でも、言うのは簡単だけれど、実際にやるのは、これがかなり難しい。

言い換えれば、子どもがやることをじっと黙って見ている、あるいは、子どもが自分でやり始めるまでじっと我慢して待って見ている、ということが親としてできるなら、その子どもは自立した、何でも自分でできる人間になるだろう。

ここが子育ての大事な部分なのかもしれない。