ニュージーランド現地無料留学エージェント

先週の金曜日、スーパーラグビーのチーフスの選手達が、ロトルアを訪問した。

スーパーラグビーは、ニュージーランド、オーストラリア、南アフリカの3国から15のプロチームが参加するプロラグビーの大会だ。来年からは、アルゼンチンと日本の代表チームも参加することになっている。

ニュージーランドには5つのチームがあるけれど、それぞれのチームは地域代表として熱狂的な地元ファンに支えられている。チーフスはハミルトンを本拠地にするチームで、ロトルアやタウランガ、ニュープリマスなどもチーフスエリアだ。2012年、2013年は15チームの中で優勝、そして今年も、オールブラックスの選手も入っていて、現時点で8勝3敗とまだ優勝を狙えるポジションにつけている。

そのチーフスの選手達が、ロトルアを訪問。数人ずつに分かれて、ロトルアボーイズハイスクールなどの高校を訪れたり、リュージュを楽しんだり、町の中でちらしを配ったりした。

5月22日にロトルアで開催される試合のプロモーションも兼ねていたのだろうけれど、ファンとものすごく近い距離で話をすることで、もっとファンが増えることは間違いない。また、各選手達も、とても気さくで、偉そうにしたりせず、一度会えば好感度は必ずアップするだろう。

こういう地道なプロ選手の活動もまた、ニュージーランドをラグビー王国にしている一つの要因だと思う。

チーフスがロトルアボーイズハイスクールを訪問したときの写真は以下からご覧ください。

チーフスの選手達がロトルアボーイズハイスクールを訪問。生徒の質問に答えてくれたり、サインをしてくれたり、一緒に写真を撮ってくれたりしました。Year 9の生徒達、1st XVの選手、そして、ラグビーアカデミーの授業を取っている日本からの留学生達が参加しました。

Posted by キックオフNZ の ニュージーランド留学 on 2015年5月10日