ニュージーランド現地無料留学エージェント

最近、Inbox というGoogle の新しいサービスが話題になっている。

一言で言えばGamil の新しいバージョンなのだけれど、使い勝手が大きく変わっている部分も多いので、全く新しいメールサービスとも言える。現在はまだ招待制で誰もが使えるわけではないようだけれど、Inbox のサイトから招待をリクエストすることもできる。試しにリクエストをしてみたら次の日に招待が届いたので早速使ってみた。

大きな特徴は、受信メールを自動で振り分けてグループ分けしてくれる機能、重要なメールをピン留めする機能、後で対処するメールを受信トレイから一旦非表示にする機能、メールをどのように対処するのか書いてリマインドしてくれる機能、To Do リストをメールに関係なく受信メールに表示する機能、などだ。

使っていて慣れない部分もあるけれど、使い方によっては、あるいは使う目的によってはとても便利だ。そして一番の特徴は、最初から「アプリ」としてリリースされているところだ。つまり、パソコンのブラウザで使うより、携帯電話やタブレットで使うことを想定して作られている。

Gmail ができたとき、ネットの世界では遙か昔の2004年頃だけれど、パソコンのブラウザで使うことが前提だった。けれどInbox は携帯電話やタブレットで使うようにできてるので、画面をタッチしたりスワイプしたりすることでメールを振り分けることがあたりまえになっている。だから、マウスだけで操作するパソコンのブラウザでは、やはり使い勝手はやや落ちる。

これから出てくる新しいサービスは、誰もが使うであろうサービスでも、携帯電話やタブレットで使うことを前提として作られていくのだな、と感じさせる。そしてまた、それに合わせて社会も変わっていくのだろうと思う。Inbox を使ってみてそんなことを感じた。

http://www.google.com/inbox/