ニュージーランド現地無料留学エージェント

長期の高校留学生の中には、学年の途中で3回あるそれぞれ2週間のスクールホリデー期間中に、語学学校に通って英語を勉強する学生もいる。

2週間程度語学学校に行っても英語力の大幅な伸びは期待できない、とおっしゃる方もいるかもしれない。確かに、日本から留学にいらっしゃって、わずか2週間の語学学校での勉強で飛躍的に英語力が伸びることは、あまりないだろう。でもそれでも、ホームステイや異文化の体験から得られるものは大きいと思う。

ただ、長期の高校留学生はみんな、親御さんに高校留学費用を出してもらって申し訳ない、という思いがどこかにあって、その上さらに語学学校に通う場合、親御さんにさらに負担をかけていると感じる学生がほとんどだ。だから、その分しっかりと勉強しよう、とホリデーに集中して英語を勉強して、2週間程度でも一レベル英語力が上がる人も多い。

そして一所懸命語学学校に通った長期の高校留学生達は、「語学学校は楽しい」と言う。いつも通っている高校もいいけれど、語学学校は楽しいと。

高校と語学学校の最も大きな違いは、高校が現地学生も対象としているのに対し、語学学校は基本的に全員が海外からの留学生ということだ。そして語学学校の学生は、英語の習得に加えて、滞在を楽しむために来ている人が多いし、語学学校もその期待に応えようとしている。でも高校は、現地学生と一緒に、授業だけではなく、生活態度なども厳しく指導されるし、単位取得もしなければならない。

だから、長期の高校留学生が語学学校に行くと楽しく感じる場合が多いのだろう。

楽しくてしかも英語力がつくのであれば、ホリデー期間の2週間語学学校で集中して英語を勉強するのも、いいかもしれない。