ニュージーランド現地無料留学エージェント

ニュージーランドの多くの高校では、日本の高校1年生以上の学年3年間でNCEAという国の資格を取る単位を取得する。

簡単に説明すると、高校1年生にあたるYear 11の学年でNCEAのLevel 1 の資格を取るためにLevel 1 の科目から最低80単位を取得する。その後、Year 12でLevel 2、Year 13でLevel 3 を取得するのが一般的だ。

Level 1で取得したうちの最大20単位がLevel 2 の80単位の一部として認められる、など細かいルールはあるけれど、基本的には、各Level で最低80単位を取得すれば、NCEAの各Level の資格を取得できる。

だから、EnglishやMathmatics、Scienceなど各科目もLevel 1、Level 2、Level 3とLevel が分かれていて、Level が上がるほど難易度も上がる。

通常はYear 11でLevel 1の科目を履修、Year 12でLevel 2の科目、Year 13でLevel 3 の科目を履修するけれど、学年と履修Level は必ずしも一致していなくてもかまわない。例えば、Year 12でMathmaticsはLevel 2を履修しEnglish はLevel 1 を履修することもできる。留学生の多くは、学年と履修Level が完全には一致していない。

あわせて、ニュージーランドの大学に入学するための最低単位数が決まっていて、University Entrance(UE)と呼ばれている。

UEに求められる単位を取得すれば、ニュージーランドの大学に入学申請して、認められれば入学できる。ただし、UEは大学入学の最低限の単位だから、大学学部によっては、UEに加えて他の基準を設けているところもある。

UEに求められる単位は以下の通りだ。

– NCEA Level 3
– Three subjects – at Level 3, made up of:
= 14 credits each, in three approved subjects
– Literacy – 10 credits at Level 2 or above, made up of:
= 5 credits in reading
= 5 credits in writing
– Numeracy – 10 credits at Level 1 or above, made up of:
= achievement standards – specified achievement standards available through a range of subjects, or
= unit standards – package of three numeracy unit standards (26623, 26626, 26627- all three required).

簡単に説明すると、以下のようになる。

– NCEAのLevel 3 の単位を全て取得していること。
– Level 3 の指定された3つの科目で、各14単位以上取得していること。
– Level 2 以上の指定された科目のLiteracy の項目で、Reading で5単位以上、Writing で5単位以上を取得していること。
– Level 1 の指定された科目のNumeracy の項目で、10単位以上取得していること。

Year 13の履修レベルであるNCEAのLevel 3を取得した上で、Reading、Writing、Numeracy 、つまり読み書きそろばん(数学)の一定以上の単位を取得していることが求められる。

ニュージーランドで大学学部を選ばなければ、UEイコール大学入学基準となることが多いので、日本のような大学入学試験を受けなくても大学に入学できる。ただ、留学生で英語を第一言語としない人は、別途英語力の証明の提出が求められる場合もあるようだ。

ニュージーランドの大学進学を目指している人は、Year 11になったらUEの単位取得を目指して勉強を始め、Year 12になったら、ある程度の志望大学学部をピックアップして、UEに加えた入学基準に足る単位、資格を取得できるように、計画して勉強していくことが求められる。

University Entrance

Approved subjects for University Entrance

Literacy requirements for University Entrance