ニュージーランド現地無料留学エージェント

個性をそのままストレートに出せばいい

個性をそのままストレートに出せばいい

高校生がニュージーランドで留学生活を始めると、最初は多くの学生が周囲の人のことを必要以上に気にする。 「みんなは、どうしているのですか?」とか「他の人は、なんて言っているのですか?」などと、自分の行動や自分の考えを表に出す前に、周囲の人の行動や考えを聞いてそれを基準にしようとする。 でも私達が、「他 …

これも忖度?

これも忖度?

先日、高校留学生と勉強の話をしていたら、「ニュージーランドのテストでは、日本と違って、何が問われているかがわかりにくいことがある」と言っていた。 英語力の問題もあるだろう。けれど、「問題文の全ての単語もわかり意味も取れるけれど、何が問われているのかがわからないことがある」とその学生は言った。 よく聞 …

どうしたいの?と、どうするの?

どうしたいの?と、どうするの?

ニュージーランドでは、小さな子どもでも「あなたはどうしたいの?」と聞かれることが多い。 その人に関係する何かを、周囲の人達が判断したりアドバイスしたり考えたりする時に、「本人がどうしたいか」は欠かせない情報だ。 そしてたとえ子どもでも「私はこうしたい」と言えば、それを聞いた人達はできるだけその気持ち …

だんだん狭くなってきている

だんだん狭くなってきている

インターネットが生活の中に入ってきて、スマホでいつでもネットにつながることができるようになって、とても便利になった。 いつでもどこでも情報が得られるという意味では便利になったけれど、以前にもこのブログでも書いたけれど、私達がそれぞれネットから得ている情報は、とても狭い情報だ。 フェイスブックやツイッ …

NZで陪審員 – 推定無罪

NZで陪審員 – 推定無罪

昨日の「NZで陪審員 – 陪審員に選ばれた」の続きです。 12人の陪審員の一人としてある裁判に参加した。 その裁判はおそらく他の裁判よりも短期間で終わり、それほど複雑な内容ではなかったと思う。でも、陪審員として仕事を終えた後、かなりの疲労感があり2週間ほど取れなかった。疲労度は人によると …

NZで陪審員 – 陪審員に選ばれた

NZで陪審員 – 陪審員に選ばれた

少し前の話になるけれど、Jury Service の召喚の手紙が届いた。 Jury Service は陪審員のことだ。ニュージーランドでは、選挙人名簿に登録している人の中からランダムに選ばれて、裁判の2ヶ月ほど前に手紙で通知が送られてくる。ニュージーランドでは永住ビザで暮らしている人も選挙人の登録が …

赤信号は一人で渡っても怖くない

赤信号は一人で渡っても怖くない

どこかで誰かに聞いた話だけれど、「夜中3時の赤信号を渡るか渡らないか」という問いがあるらしい。 見通しのいい片側2車線のまっすぐな車道を、夜中の3時に歩いて渡ろうとしている。目の前には歩行者用の信号があるけれど、ボタンを押さないと赤のままだ。遠くまで見通せる車道の右を見ても左を見ても車は来ないので、 …

できないところを指摘する

できないところを指摘する

子どもを育てていると、よく「あっしまった。言い過ぎた。」などと感じることがある。 きちんと靴をそろえなさいとか、姿勢正しく座りなさいとかの作法について、また、人に何かをしてもらったら必ずきちんとお礼を言いなさいなどの礼儀について、あるいは、宿題を先にやってから遊びなさいとか、部屋を片付けなさいとか、 …

明日の自分よりも今日の他人

明日の自分よりも今日の他人

先日このブログ「今日は昨日と違う自分」で、「今日の自分は昨日と違う新しい自分だと考えることで、昨日できなかったことにチャレンジしたり、今日やるべきことを今日中にやったりすることができるかもしれない」と書いた。 全てのものが常に変化しているのなら、昨日の自分と今日の自分は違う自分だから、昨日落ち込んで …

ちょっと変わっているという子ども達こそ

ちょっと変わっているという子ども達こそ

今、日本の国立新美術館で、「草間彌生 わが永遠の魂」が開催されている。 草間彌生は、日本だけではなくもちろん世界で認められた芸術家で、ニュージーランドのウエリントンにある国立博物館Te Papaでも何年か前に展覧会が開かれていた。調べてみると、ニュージーランドの小学生を対象とした課外授業にも草間彌生 …

アリ退治

アリ退治

家の中でアリを見つけた。 ペストコントロールの専門家に聞いてみると、どこか外から家の中に入ってきているはず、とのこと。家の外にアリの行列を見つけたら、その列にクロスするように薬を撒いてみるといい、と青い色の薬をくれた。 その青い薬には、アリが好む甘い砂糖のようなものと少量の毒が混ぜられているという。 …

日本の高校生は自分で考えようとしない?

日本の高校生は自分で考えようとしない?

昨日の日本の新聞のオンライン版に、「日本の高校生「一夜漬け」「授業中居眠り」最多」という記事が出ていた。 「国立青少年教育振興機構(東京)が13日発表した国際調査から、授業に受け身な日本の高校生の実態が浮き彫りになった。(中略)日本は「できるだけ自分で考えようとする」が33・3%、「勉強したものを実 …

善意でも悪意でも

善意でも悪意でも

少し前の話になるけれど、娘と一緒に日本の町を歩いていた。 交差点で信号を待っていると、向こう側のビルの入り口の右側に、足を抱えて座り込んでいる小学生くらいの男の子が見えた。「あの子はどうしたんだろう」といいながら交差点を渡ってそばに行くと、肩をふるわせて泣いていた。 周りを見ると行き交う人は気付いて …

地球は回る

地球は回る

今日のロトルアの日の出は7時2分、クライストチャーチは7時15分。朝が始まるのがだんだん遅くなってきた。 7時前から薄明るくなってきて、太陽が少し頭を出したかと思うと、どんどん昇ってきて、あっという間に明るくなる。 朝日が昇ってくるのをじっと眺めていると、「すごい勢いで日が昇ってくるなぁ」とは思うけ …

失敗しない○○

失敗しない○○

広告でよく、「失敗しない○○」などの文言を見かける。 失敗しない就活、失敗しない老後、失敗しない塾選び、失敗しない留学。。。 確かに誰しも、何もかも失敗せずにうまくいけばいいと思うだろうし、失敗して失うものも多い。 でも、失敗を避ける方法に目を向けてばかりいたり、失敗しないことをとにかく最優先したり …