ニュージーランド現地無料留学エージェント

なぜ固定資産税を払わなければいけないのですか?

なぜ固定資産税を払わなければいけないのですか?

例えば中学2年生の生徒が、「なぜ固定資産税なんていうものを払わなければならないのですか?自分で買った土地や家なのに、持ってるだけでずっと税金を払わなければならないという意味がわかりません」と聞いてきたら、どう答えるだろうか。 「まず、なぜ税金を払わなければならないかというと」と租税の根拠から始めて、 …

予想困難な20年後の社会で生きて行くためには

予想困難な20年後の社会で生きて行くためには

ニュージーランドに私が移住してきた1997年当時はまだ、日本の物価のほうがニュージーランドよりも高く感じた。 だから当時はまだ、「日本で稼いでニュージーランドで使う生活ができれば経済的には楽だ」などと日本から移住してきた人達が話していた。 あれから20年。年に2回東京と大阪で実施する高校留学個人相談 …

そこが欠点だと言われていても

そこが欠点だと言われていても

昔はいいことだと思われていたことが、今ではそうでもないと言われている、ということも多い。 牛乳を飲めば背が伸びると多くの人が信じていて、中学校の体育クラブの生徒達はみんなガバガバ牛乳を飲んでいたけれど、最近はそうでもないようだし、めがねをかけると視力が落ちると言われていたけれど、今はそうではないとい …

自ら問いを立てるところから始める

自ら問いを立てるところから始める

以前にもこのブログでも書いたけれど、十代の留学生の中には、我々のどんな質問に対しても、「正しい答え」や「求められている答え」を探して返事をしようとする人がいる。 大人からの質問に対しては、問われている意図をよんでそれに対する正しい答えを返そうと、反射的に行動してしまうのだと思う。 そんなに正しい答え …

バットを使った野球禁止の公園

バットを使った野球禁止の公園

先月、高校留学個人相談会を東京と大阪で実施した時、関西のある街で公園の前を通った。 その公園の前には、「バットを使った野球禁止」という看板があった。 最初は意味がよくわからなかった。日本では公園で野球自体が禁止されているのか、などと考えながらもう一度よく読むと、単に野球禁止ではなく、「バットを使った …

一旦引いて時期を待つ

一旦引いて時期を待つ

留学生に限らず、誰でも何でもそうだけれど、続けようと思っていたことが続けられなくなったり、やろうと計画していたことができなくなったりする。 理由はいろいろあるだろう。状況が許さなかったり、自分の力が足りなかったり、気がつけばそうなっていたり。 続けられなくなったりできなくなったりしたら、一旦そこで終 …

正解を考える必要はないのです

正解を考える必要はないのです

十代の留学生の中には、留学を始めてすぐの頃、我々のどんな質問に対しても、「正しい答え」や「求められている答え」を探して返事をしようとする人がいる。 例えば、「これから英語の勉強をステイ先でする時に、読む力と書く力、どちらを中心に勉強しますか?」という質問に対して、「両方大事なので、両方きちんとやりま …

ナンバーワンとオンリーワン

ナンバーワンとオンリーワン

日本で何かの歌が流行っていたせいなのかもしれないけれど、ナンバーワンよりもオンリーワンがいい、という。 私もこのブログでも何度も書いているけれど、確かに、人はひとり一人違うので、そういう意味ではオンリーワンがいい、と思う。また、ナンバーワンを目指そうと思ったら、結構頑張らなければならないし、誰もがナ …

チームプレーヤーであることが求められるけれど

チームプレーヤーであることが求められるけれど

ニュージーランドでも、日本でもそうだけれど、やはりチームの中できちんと動くことができる、つまりチームプレーヤーであることは、どのグループや組織にも求められる。 ニュージーランドの求人情報などでも、チームプレーヤーであることが明記されている場合もあるし、求人での面接でも、自分はチームプレーヤーであるこ …

小学生の将来の夢

小学生の将来の夢

日本のある調査によると、小学生の将来なりたい職業の一位は、男子がサッカー選手、女子が保育士だそうだ。 この調査は、将来なりたい職業は何ですかという質問に答えた結果ではなく、「夢をかなえる」という課題図書を読んで、「私の将来の夢」という題の作文とライフプランシートを作成した結果から、なりたい職業を集計 …

思考停止して与えられたことだけをやり続ける

思考停止して与えられたことだけをやり続ける

いろんな高校留学生から、日本の中学校や高校の話を聞くことも多い。 日本の中学高校の中には、毎日部活が5時頃まであって、家に帰ってご飯を食べると7時頃になって、そこから大量の学校の課題を毎日毎日夜遅くまでやる、という学校もあるようだ。また、部活の後に学習塾に行ったり、他の習い事をしたりして、夜9時頃に …

人前で自分の子どもを褒めよう

人前で自分の子どもを褒めよう

ニュージーランドに来て最初はいろんなことに驚いたけれど、その中の一つに、人前で自分の子どもを惜しげもなく褒める、というのがある。 「あなたの息子さん、とても勉強ができるんですってね」とこちらが言うと、「そうなんです!特に数学はよくできるんです!」などという返事が返ってくる。また、こちらが何も言わなく …

全てに長けていなくても

全てに長けていなくても

いろんなことがとてもよくできる人がいる。 中学高校生で言えば、英語も数学も理科も体育もできて、放課後はスポーツで活躍し、芸術の才能もある。そんな人も学年に一人や二人くらいいる。 いわゆる文武両道を実践している人だ。すばらしいと思う。 でも、そんなことは誰もができることではない。言い換えれば、誰もが苦 …

偏差値30だったあの人が今では!って?

偏差値30だったあの人が今では!って?

日本の学校、特に進学校と呼ばれているような学校では、「偏差値」という言葉は当たり前のように頻繁に使われているようだ。 そして最近は、偏差値という言葉は受験なんかには関係のない生活をしている人に対しても、ある一定の意味を持って使われるようにも思う。 「あの人は偏差値○○の大学を出ている」とか、「偏差値 …

いろんな人がいることが前提の社会

いろんな人がいることが前提の社会

ニュージーランドで暮らしていると「世の中にはほんとうにいろんな人がいるなと」いつも感じる。 「なんでこんなところでそんなことをするのか」「自分の感じ方と全く違う」「その言い方は理解できない」などと感じる人達と毎日のように出会う。毎日のように出会っていると、いろんな人がいることが当たり前になる。 そし …