ニュージーランド現地無料留学エージェント

ここでもう一度「多様性」と「受け入れる」

ここでもう一度「多様性」と「受け入れる」

このブログでも何度か「多様性」について書いた。 ニュージーランドはいろんな文化、いろんなバックグラウンド、いろんな国籍、いろんな言語などを持った人達が一緒に暮らしている、ダイバーシティの国だ。先日も書いたけれど、もう何がマジョリティで何がマイノリティなのかよくわからないこともある。 日本でも最近、L …

安心するためにマジョリティを選ぶな

安心するためにマジョリティを選ぶな

ニュージーランドは移民が多い。 もともとマオリの人達が暮らしていたところに、ヨーロピアンの人達が来て、アジアなどからの移民もここ20年でかなり増えた。 2013年の国勢調査によると、ニュージーランドの約74%がヨーロピアン、15%がマオリ、12%がアジアン、7%がパシフィックなどとなっている。合計が …

「僕」と「I(アイ)」の違い

「僕」と「I(アイ)」の違い

先日ネットを眺めていると、日本語と英語の一人称の違いについて書かれていた。 日本語では自分のことを、「僕」とか「私」とか「俺」とか「自分」とか「わし」とか「うち」とか「我が輩」とか「小生」とか「あっし」とか「せっしゃ」とか「○○(自分の名前)」とか、母親が子どもに対しては「お母さん」とか、いろんな言 …

今想像する未来のネガティブな出来事は、実際にはほとんど起こらない

今想像する未来のネガティブな出来事は、実際にはほとんど起こらない

おそらく年齢や地域や国籍や民族に関係なく、人間なら誰でも、落ち込んだり、嫌な気分になったり、ストレスを感じたり、悩んだりするだろう。 大人でも、子どもでも、日本人でも、ニュージーランド人でも、もちろん留学生でも同じだ。 そして、落ち込んだり、嫌な気分になったり、ストレスを感じたり、悩んだりする時、過 …

判断の基準を身に付ける

判断の基準を身に付ける

ニュージーランドの高校生のラグビーの指導を見ていて興味深いのは、パスやキック、タックルといったスキルも当然細かく指導されるけれど、Decision Making(判断)についてかなりの時間を割いて指導が行われることだ。 どんなスポーツもそうだろうけれど、試合中の一瞬の判断が勝敗を決めることがある。特 …

必ず一つの正しい答えが返ってくるとは限らない

必ず一つの正しい答えが返ってくるとは限らない

弊社の留学生には、自分で考える態度を身に付けてほしいと思っている。 ニュージーランドでは、いろんな場面で「あなたはどう思うの?」とか「あなたはどうしたいの?」と聞かれる。留学生も例外ではない。 例えば、高校留学生が、明日までの数学の宿題が提出期限に間に合わない場合、先生のところに行って「明日までに提 …

情報を集めすぎるな

情報を集めすぎるな

先日のこのブログ「一つを選ぶということは他を捨てるということ」でも書いたけれど、留学、とくに若い年齢での長期留学は、人生の大きな決断だ。 大きな決断や日々の判断をする時には、まずは情報を集めるだろう。 留学する場合なら、留学する国、地域、学校、ステイ先、費用、サポート、など、いろんな情報を集めて最終 …

得意なことと苦手なことは誰でもある

得意なことと苦手なことは誰でもある

人間誰しも得意なことと苦手なことがあるだろう。 手先が器用な人もいれば、歌がうまい人もいる。数学が得意な人もいれば、文章を書かかせたら右に出る者はいないという人もいる。逆に、不器用な人、音痴な人、数学は全くわからないという人、そして書くのが苦手だという人もいる。 誰しもいろんなことが得意で、いろんな …

勝ち組を目指すのか?

勝ち組を目指すのか?

日本で少し前に、勝ち組とか負け組などという言葉が流行ったように思うけれど、今ではあまり使わないのだろうか。それとももうすっかり市民権を得た言葉になっているのだろうか。 そんな言葉が流行っていた頃は、勝ち組になることがいいことで、負け組にはなりたくない、という人が多かったと思う。あるいは、小中高校生や …

一つを選ぶということは他を捨てるということ

一つを選ぶということは他を捨てるということ

留学、とくに若い年齢での長期留学は、人生の大きな決断だ。 留学でも、就職でも、結婚でも、移住でも、何でもそうだけれど、大きな決断をする時にはほとんどの場合、いくつかの選択肢から一つを選ぶ。それはつまり、他の全ての選択肢をその時には捨てるということだ。 決断をする時に何故悩むかと言えば、一つを選ぶと同 …

ガラパゴスがいつか世界標準になる

ガラパゴスがいつか世界標準になる

日本は随所にガラパゴスな部分があると言われる。 ガラケーなどはその代表だろう。すでにガラケーのガラがガラパゴスのガラだということを知らない人がいるくらい、ガラケーはガラパゴスの代表として定着している。 私も年に2回、高校留学個人相談会の実施で日本に滞在するけれど、いつもニュージーランドとの違いを感じ …

子どもを過小評価してはいないか

子どもを過小評価してはいないか

私もそうだけれど、親として自分の子どもを見ていると、どうしてもよくない部分が目についてしまう。 そしてその目についたよくない部分については必ず子どもを叱る。たまには後から指摘していろいろ言ったりもする。 でも、人間誰でもよくない部分もあれば、いい所もたくさんある。そして、いい所を褒められるとうれしい …

言わないとやらないのか、やらないから言うのか、それとも

言わないとやらないのか、やらないから言うのか、それとも

弊社では、留学生達には、自分で考える態度を留学生活を通して身に付けてほしいと思っている。 自分で考える態度を身に付けるためには、まずは普段の態度から、「人から自分へ」というベクトルではなく「自分から周囲へ」という方向に促してやる必要があるだろう。 いつもいつも、周囲の大人から「あれをしなさい」とか「 …

Enjoy!

Enjoy!

先日レストランに行ってランチを食べた。 お店の雰囲気もよくて、食事も美味しく、値段もリーズナブルだった。 ただ一つだけ少し気になったのが、働いている人達があまり楽しそうではなかったことだ。オープンキッチンのカウンターに座ったので、キッチンの中の人も見えたし、フロントの人達も当然見えた。食事が出てくる …

ネットがあれば知識はいらない?

ネットがあれば知識はいらない?

十数年前インターネットが急速に普及してきた頃、「もういろんなものを覚える必要はない。全てグーグルが教えてくれる」と言う人がいた。 ネットがないときと比べると、知らないことがあればすぐに「ググれる」のは、当時はとても便利に感じた。家に辞典や辞書を持たなくても、ネットでググればいいし、それなら頭の中に知 …

情報よりもまず動く

情報よりもまず動く

私がニュージーランドに移住した20年前は、まだインターネットはほとんど普及していなかった。 日本でニュージーランドの情報を得ようと思ったら、本を買って読むか、旅行社などニュージーランドの情報を持っていそうな企業にコンタクトをするか、ニュージーランド大使館で情報をもらうか、ニュージーランドのことを知っ …

聞き放題、見放題、読み放題

聞き放題、見放題、読み放題

最近レコードがまた静かなブームだそうだ。 でも、LPを初めて聞いた若い人が、「アルバムの半分の曲しか再生できません」と問い合わせてくるということが話題になっていた。「裏返して聞いてください」と答えるそうだ。 LPが姿を消してからずいぶん経つけれど、その後、CDになり、日本ではMDになって、ipodで …

amazonとミニマリズム

amazonとミニマリズム

最近、Amazon がオーストラリア、そしてニュージーランドに進出するというニュースがあった。 Amaszon がニュージーランドに進出すると、現在のリテイルショップに大きな影響を与えるだろう。ウエアハウスやKマートなどは、売り上げが大幅に減ることも予想される。 それはつまり、ニュージーランドの人々 …

人に迷惑をかけるな?

人に迷惑をかけるな?

子どもに、「人に迷惑をかけないようにしなさい」と注意することがあるだろう。 私も子どもの頃によく親や先生から言われたし、大人が子どもにそう言うことは一般的だった。今でもそうかもしれない。 でも、最近は、「人に迷惑をかけるなと言うこと」に、疑問を挟む人もいる。 人に迷惑をかけるなと言うけれど、何をした …

空気は読まない

空気は読まない

最近は日本でもKYという言葉はもう使わないのだろうか。 以前は、空気を読まない人に対してKYという言葉がマイナスのイメージとして使われていたように思う。今ではどうなのだろうか。 どちらにしても、私はKYで全然かまわないと思う。その場にいる人全てがその場の空気を読むことにエネルギーを使えば、結局誰も望 …