ニュージーランド現地無料留学エージェント

中学高校生のスマホの使い方をどうするか

中学高校生のスマホの使い方をどうするか

もう、スマホは生活になくてはならないものになった。 少し前までは、スマホは必要か、などという議論があったけれど、今は、スマホを毎日使い続けることは前提で、どう使うのか、という話になっている。 それは、中学高校生も同じだ。いくつになったらスマホを持たすのかという部分はそれぞれのご家庭で違うと思うけれど …

お金について考えることも必要

お金について考えることも必要

ニュージーランドでは、13歳になると自分の名義で銀行口座を開設できることが多い。 弊社の13歳以上の長期の中学高校留学生の多くは、現地口座を開設している。 ニュージーランドはほぼキャッシュレス社会だから、ほとんどの買い物は、カードでできる。クレジットカードでなくても、銀行口座を開設したときに発行され …

留学生は安全と健康が最優先

留学生は安全と健康が最優先

弊社では、留学は経験だと考えている。 留学でしかできないいろんな経験をたくさんして、そこからいろんなことを学んで成長してほしいというのが、私たちの願いだ。 でも、以前にも何度かこのブログでも書いたけれど、経験よりも優先されることが二つあって、それは「安全」と「健康」だ。 弊社が考える優先させるべき留 …

第二学期スタート

第二学期スタート

ニュージーランドの小中高校は、昨日で2週間の秋休みが終わり、今日から第二学期が始まった。 今朝は5月初旬にしては珍しいくらいに気温が下がり、ロトルアでは7時過ぎでも1度を下回っていた。外に出ると息が白く、芝生には霜が下りていた。 ニュージーランドでは、学校のスポーツの部活動は2学期から本格的にラグビ …

失敗は成功のもとというけれど

失敗は成功のもとというけれど

失敗は成功のもと、などという。 弊社の留学生たちにも、留学生活の中でうまくいかないことも含めて経験として、その経験からいろんなことを学び、成長してほしいと思っているし、そのように現地でサポートする。 でも、いくら失敗から学ぶといっても、過去の自分の失敗をなんどもなんども思い出す必要は全くない。 留学 …

その言葉のうしろには

その言葉のうしろには

大人もそうかもしれなけれど、特に十代の人たちが使う言葉には、その裏に違う意味が込められていることがある。 子どもから大人になっていく時期で、考え方や感じ方も変わってくるし、今まで守られていただけの立場から一人で生きていく力をつけていくときだし、行動の幅も広がるし、新しい経験もたくさんする。 そんな大 …

留学生のメッセージから成長を感じる

留学生のメッセージから成長を感じる

ここ数年は、留学生とはスマホのメッセージアプリで連絡をとることも多い。 まだスマホを持っていない留学生が多かった時代は、ホームステイや寮に電話をしてつないでもらっていたから、なかなか連絡が取れなかったり、急な連絡が届かなかったりすることもあったけれど、最近はスマホのアプリでいつでも連絡を取ることがで …

お前ならできると言わないで

お前ならできると言わないで

「お前ならできる」と親にいわれるのがすごく嫌なんですと、ある高校留学生が言った。 親御さんは、子どもを励まそうとして、モチベーションを上げようとして、そしてほんとうにそう信じて、その言葉を子どもに伝える。 でも、そう言われた子どもは、励みにもならないし、モチベーションも上がらないし、親がそう信じてい …

なぜ彼らはNZラグビー高校留学後プロ選手になれたのか

なぜ彼らはNZラグビー高校留学後プロ選手になれたのか

弊社では、ラグビー中学高校留学生も毎年たくさんいるけれど、その中で今までに3人の卒業生が日本でプロラグビー選手になっている。 現在釜石シーウェイブスでプレーしている石森大雄(いしもりだいゆう)選手、神戸製鋼コベルコスティーラーズの濱野隼大(はまのじゅんた)選手、そして今年から神戸製鋼コベルコスティー …

信じてまかせるその日がいつかくる

信じてまかせるその日がいつかくる

先日、留学生の親御さんとやりとりをしていたとき、「いろいろと思うところはありますが、もう、子どもを信じてまかせるしかないです」とおっしゃった。 今までたくさんの中学高校留学生や親御さんとお付き合いさせていただいてきたけれど、子どもを信じてまかせる、とはっきりおっしゃる親御さんは、実はそれほど多くない …

ダメなものはダメと伝えることもときには必要

ダメなものはダメと伝えることもときには必要

留学生たち、特に中学高校留学生たちには、留学生活でいろんな経験をしてほしいと思っている。 日本ではできないことをして、日本では出会わない人と出会い、日本ではいけない場所に行って、日本では感じないことを感じ、日本では考えないことを考える。そんな経験から、日本とは違う成長をしてほしい。 でも、留学生がや …

先生が誰かはきっと重要

先生が誰かはきっと重要

ニュージーランドの多くの高校は5年制で、日本の中学2年生から高校3年生にあたる学年が在籍している。 Year 11(日本の高校1年生)になると、授業や課題、試験などで単位を取得することで、NCEAという国の資格を取っていく。必須科目は3科目から学年によっては1科目程度で、多くの人は、進路や興味に合わ …

子どもだと思っていた留学生が

子どもだと思っていた留学生が

ニュージーランドの小中高校は長い夏休みが終わり、今週から第一学期がスタートした。 ひさしぶりにステイ先に留学生に会いに行くと、みんなやはり少し成長している。 新型コロナウイルス感染拡大の影響で日本もニュージーランドも入国制限や隔離があり、今年も継続して長期留学する中学高校生たちはみんな、ニュージーラ …

プライズギビング

プライズギビング

ニュージーランドの高校では、この時期、Year 11からYear 13のシニアの学年のプライズギビングが行われる。 プライズギビングは、学業だけではなく、スポーツや課外活動でその年に活躍したり、優秀な結果を残した生徒を表彰する式典だ。生徒数の多い学校では、スポーツと課外活動、学業を別に分けて行うこと …

留学に行けばすべての希望がかなうわけではない

留学に行けばすべての希望がかなうわけではない

留学に行くことが決まったら、留学生自身も、そして親御さんも、大きな期待をする。 留学に行けば英語はペラペラになる。留学に行けば現地の友達がたくさんできる。留学に行けば海外の大学への進学の道が開ける。留学に行けば将来英語を使って世界をまたにかけて仕事ができる。留学に行けば… 留学に大きな期 …

さらにまた留学生からのうれしい知らせ

さらにまた留学生からのうれしい知らせ

先日のこのブログで、留学生たちからのうれしい知らせについて書いた。 「留学生からの二つのうれしい知らせ」 「また留学生からのうれしい知らせ」 そしてまたさらにうれしい知らせが届いた。 ロトルアボーイズハイスクールで4年間ラグビー高校留学をしている、プロップというポジションの体の大きな弊社留学生が、チ …

また留学生からのうれしい知らせ

また留学生からのうれしい知らせ

先日のこのブログ「留学生からの二つのうれしい知らせ」で、ラグビー高校留学生のことと、ダンスをしている二人の高校留学生のことを書いたけれど、さらにまたそのダンスの二人の留学生のうれしい知らせが届いた。 先日のうれしい知らせの一つは、ロトルアの公立の共学高校、ウエスタンハイツハイスクールのダンスチームが …

留学生からの二つのうれしい知らせ

留学生からの二つのうれしい知らせ

週末に、留学生たちのうれしい知らせが二つ届いた。 一つは、ロトルアボーイズハイスクールで4年間ラグビー高校留学をしている弊社の留学生が所属している1st XV(一軍)のチームが、Super 8 という北島の男子校のラグビーの大会で、決勝戦に進んだことだ。 ニュージーランドのラグビー強豪高校では、1s …

もう一度ここで「これで世界のおわりではない」

もう一度ここで「これで世界のおわりではない」

普段の生活でもそうだし留学生活でもそうだけれど、うまく行かないことがあって、目の前が真っ暗になって、未来がすべて閉ざされたように感じることがある。 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、仕事や将来の計画がすべて保留になり、そのように感じている人もいるかもしれない。 以前にもこのブログでも書いたけれど …