ニュージーランド現地無料留学エージェント

このブログで、留学生活でよく頑張って結果を出している学生達を、何度かご紹介した。

でも、たくさんいる留学生の中には、いろんなところでつまずいたり、何をしてもうまくいかなかったり、やることのほとんどを先生や周りの大人に注意されたり、自分で決めたことをやり遂げられなかったり、これはちょっとまずいなぁと思いながらずるずると流されたり、何から手をつけていいのかわからなかったり、目標を見失ったり、にっちもさっちも行かなかったり、そんな経験をしている学生達ももちろんいる。

私たちは、そんな留学生達に対して、それでもいいのではないか、と思う。特に十代の高校留学生などは、ほとんど大人に近い年齢の学生もいるけれど、まだまだ未熟な部分も持っている。だから、いろんなことがうまくいかなくても、自分で決めたことができなくても、それも一つの経験だ。そんな経験を繰り返しながら、いろいろと考えて、そして成長していくのだと思う。

もちろん私たちは、できるだけのサポートをする。でも、いわゆる「失敗」と言われる経験をする前にそれを避けるようなサポートはできるだけしない。安全は確保しながら、自分で考えて行動してもらって、うまくいかなかったり、周囲の大人から注意されたりして、そこで一旦止まって考えて、また進み出す。そして今度はうまくいったり、うまく行かなかったりして、また止まって考えて進んでいく。その進んだり止まったり、時には後退したりする時に、いろんな言葉をかけたりいろんな時間や場所を提供したりして、様々な経験を通して、自分で考える態度を身に付けてもらえたらいいと思っている。

だから、今どうもうまくいかない、と思っている留学生には、「それでいいんですよ」と伝えたい。そのうまくいかない経験について自分で考えて、その経験から何かを学んで、そしてまた前に進んでいけばいいんです、と。

私たちはそんな留学生達を応援しています。