ニュージーランド現地無料留学エージェント

先日、ロトルアのYear 9 の数学の授業時間に、面白い課題をやっていた。

「4」という数字を4つだけ使って、1~10までのそれぞれの数字が答えとなる数式を、グループに分かれて作る、というものだ。

例えば、1が答えになる数式は、

44÷44=1

でもいい。

2を求めるなら、

4÷4+4÷4=2

でいい。

44÷4ー4なら7だし、

4×4-4-4=8だ。

もっと他にもあるだろう。

3人から4人程度のグループになって、制限時間内にできるだけ多くの式を考える。

面白いのは、最後に先生と生徒が一緒に答え合わせをしたとき、それぞれのグループでどんなことを話合いながら、どんな考え方をして、どんな答えがでたのか、にフォーカスをあてて、どのチームが一番たくさん正解を得たかは、あまり問われなかったことだ。

時間内でのグループ同士の競争という形は一応取っているけれど、それぞれのグループやそれぞれのメンバーが、この課題に取り組むときに何を考え、何を導き、何を学んだのか、を重要視して、どこのチームが勝ったかは、ほとんどフォーカスされない。

学校の授業でも、スポーツでも、課外活動でも、グループ間の競争を設定することで、生徒やメンバーが集中し熱中して取り組むことはある。でも、設定は競争でも、最後は勝敗はあまり気にせず、何を学んだかを生徒やメンバーに気づかせる。

この授業もそうだけれど、ニュージーランドの指導では、そんな考え方、教え方がよく行われているように思う。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
【 無料!高校留学個人相談会!! 2019年5月】

5月11日 土曜日(東京会場)
5月25日 土曜日(大阪会場)

費用は無料です。

お問い合わせは、お手数ですが
こちらからお願いいたします。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++