ニュージーランド現地無料留学エージェント

ニュージーランドはラグビー王国だ。国の代表チームのオールブラックスは前回のワールドカップで優勝し世界一になったし、どんな小さな町でもラグビーフィールドがあり、ラグビー部に入っていない高校生でも、ラグビーボールのパスくらいはできる。私たちが子どもの頃の野球のように、男の子なら誰でもみんなやるスポーツが、ニュージーランドのラグビーだ。

けれど、小中高校、そしてプロのラグビー選手でも、一年中ずっと長時間ラグビーのトレーニングをしているわけではない。他のスポーツでもそうだけれど、シーズンが決まっていて、ラグビーの場合は主に冬がシーズンだ。だから、例えば高校生の場合は、早くても2月下旬くらいから15人制のチーム編成のトライアルが始まり、3月にプレシーズンマッチが行われ、4月の2週間の秋休みには練習や試合はなく、5月から本格的な大会が始まる。そして大会が終わる8月にはチームの練習も基本的にはなくなって、多くの選手はシーズン終了だ。ただし、地域の選抜選手に選ばれると、10月頃まで地域代表チームとして他の地域のチームと試合がある。

だから高校生の場合、15人制のシーズンは早くて3月から遅くて10月頃までだ。大人のクラブチームも同じような期間で、2月下旬頃からせいぜい8ヶ月間くらいだ。

ただ、ラグビーにもいろいろとあって、リオデジャネイロのオリンピックから男子女子ともに正式種目になった、7人制ラグビー(セブンズ)のシーズンは、15人制のシーズンではない、11月から3月頃の夏を中心に行われる。

そして高校生のセブンズの全国大会が、例年11月末から12月上旬に各地域代表チームが集まって男子女子ともに行われる。

高校生のセブンズの全国大会BNZ Condor Sevens が、先週末の金曜日からオークランドで行われた。男子も女子も各地域で優勝したチームが集まる大会で、セブンズといえどもそのレベルは高い。また高校生の選手の中には、15人制で1st XVに入っている選手もたくさんいて各選手が高いスキルを持っている。

そして、その全国大会の激戦を勝ち残ったのは、ロトルアにあるラグビー強豪高校ロトルアボーイズハイスクールだ。ロトルアボーイズハイスクールは、今年の15人制の大会でも、昨年の全国優勝高校ハミルトンボーイズを破りチーフスカップで優勝し、来年からは新しいコーチも加わり全国優勝を狙う、ニュージーランドでも有名なラグビー強豪高校だ。そのロトルアボーイズハイスクールが、セブンズの大会で全国優勝した。

ロトルアボーイズハイスクールには第二学期と第三学期にラグビーアカデミーの授業が行われており、日本からも留学生が在籍している。彼らも、15人制だけではなくセブンズのチームにも参加できるので、留学2年目、3年目にはトライアルを受ける留学生も多い。

リオデジャネイロからオリンピック競技になったラグビーセブンズ。将来オリンピック選手を目指すのなら、全国優勝高校ロトルアボーイズハイスクールで留学をしてみるのもいいと思う。

Rotorua Daily Postの記事
RBHS claim national sevens title