ニュージーランド現地無料留学エージェント

2014年のFIFAワールドカップはドイツの優勝で幕を閉じた。

ラグビー王国ニュージーランドにいると、ラグビーに比べてサッカーの試合をテレビで観ることは少ない。ニュージーランドにいる、普段ラグビーの試合を観ているラグビーファンからすると、FIFAワールドカップの試合には少し入り込めない部分もあるようで、おそらく日本ほどには盛り上がっていない。今年はニュージーランド代表のオールホワイツが出場していないこともあるし、ラグビーに比べてサッカーはコンタクトも少なく、試合のリズムが異なることもあるのかもしれない。

でも、さすがに世界一のチームを決めるFIFAワールドカップの試合は、普段サッカーをあまり観ていない人達も魅了するようだ。ニュージーランドでも、ドイツが優勝したすぐ後には新聞のオンライン版で速報が流れていたし、ニュージーランド国内でも朝からパブリックビューイングで盛り上がっていた人達もいた。

やはり、どんなスポーツでも、世界のトップレベルの試合で、各選手のスキルを観るのは感動するし、普段あまり観ないスポーツで詳しいことをあまり知らなくても、スタジアムの観客に影響されて、応援に熱が入ったりもする。

そして来年は、今度はラグビーのワールドカップが行われ、日本代表チームも出場が決定している。また、5年後の2019年には日本各地でラグビーのワールドカップが行われることも決まっている。

日本では、今年のFIFAワールドカップのことを単に「W杯」と記載している新聞も多く、W杯と言えばサッカー、というのが日本の常識になっているようだ。でも、5年後に日本で開催されるラグビーワールドカップもW杯だ。もちろんニュージーランドでは、ワールドカップと言えばラグビーのことだ。

今年のFIFAワールドカップは、日本代表チームの結果も振るわず、盛り上がりに欠けたとおっしゃる方も多いだろう。そんな方は是非、来年、そして2019年に日本で開催されるラグビーワールドカップでも盛り上がっていただきたいと思う。