ニュージーランド現地無料留学エージェント

昨日の夜、停電した。

すっかり日も沈みあたりは真っ暗になっていたが夕食には少し早い、というくらいの時間だった。ちょうど私が家の前に出ていたとき、いきなり周りの電気が全部消えた。街灯も、うちの家の照明も、近所の窓からもれている明かりも、隣の家の門灯も、全て消えて真っ暗になった。一瞬何が起こったのかわからないくらいだった。

電気が切れると、照明、キッチンのコンロ、オーブン、湯沸し、パソコン、オイルヒーターなどは全く使えなくなる。でも、暖房は暖炉があるし、灯りも少しなら暖炉から取れる。また、キャンプ用のランタンもあるし、カセットコンロもあるので、簡単な調理ならできる。やはりこういうときは、アウトドアグッズが活躍する。

夕食は結局インスタントものを、ランタンの灯りを頼りに家族で食べた。電気がないとテレビも見られないので、夕食後は何もすることがない。まだ寝るには早い6歳の娘も、少し怖がりながらもなんとなく興奮気味だ。仕方がないので、娘と庭に出てみることにした。普段は街灯で明るい家の庭も、停電で真っ暗だ。

ふと空を見上げると、普段以上の満天の星が輝いていた。寒さも忘れて娘と二人でしばらくじっと星空を眺めていた。

停電は2時間ほどで復旧した。何が原因だったのかなど何のアナウンスもない。でも、ランタンの灯りで家族でインスタントものを食べるのも、娘と満天の星空を寒さに震えながら眺めるのも、暖炉の前で火が揺れるのを見つめているのも、なかなかいい経験だった。