ニュージーランド現地無料留学エージェント

多くの若い学生は、「勉強は嫌いだ」と言う。学生だから当然勉強をしなければならない。そんな人達が勉強は嫌いだ、と言う。これは、私が学生のころからそうだったし、今でもそうだ。こんなに時代が急激に変化しているのに、学生は勉強が嫌いだ、ということは変わらない。

でも、学生を卒業して社会に出てしばらくすると、「学生のころにもっと勉強をしておけばよかった」とまた多くの人が言う。そんな人が勉強を始めると、嬉々として楽しそうに勉強をする。

もう学ぶ機会も少なくなった大人達が若い学生達に伝えなければならないことは、単に勉強しなさい、ということではなくて、勉強の必要性と学ぶことの楽しさだろう。社会人になって、勉強の必要性を感じて、学ぶことの楽しさを覚える。若い学生の時代に、それらがわかれば、「勉強は嫌いだ」と言う人の数は減るだろう。