ニュージーランド現地無料留学エージェント

ニュージーランドでは、スーパーマーケットや大規模小売店で、ショッピングに使うビニール袋(Plastic Bags)の使用がすでに禁止されているけれど、来月2019年7月1日から、ほとんど全てのビジネスでビニール袋が使用禁止に拡大する。

対象としては、小売店、持ち帰りを含む飲食店、オンラインショップ、NPO法人、ファーマーズマーケットなども含まれる。日本でたとえるなら、スーパーマーケットや、ユニクロなどショッピングモールに入っているような小売店をはじめとして、コンビニ、ファーストフード店、アマゾン、朝市やフリーマーケット、などでビニール袋の使用が禁止になるという感覚だ。影響は大きいと思う。

ただ、現時点では、ナイロンやポリエステルなどの袋、肉などを包んでいる袋、ゴミ袋、ペット用の袋、パッケージの一部に使用されているもの、などは例外として使用が認められるようだ。

ニュージーランドでは、スーパーマーケットに行くときにはみんな自分のバッグを持っていくのがすでに日常になっている。来月からは、あらゆる買い物をする時に、自分のバッグを持っていくことになるのだろう。

日本の夏休みを利用してニュージーランドに留学に来る方、留学生に会いに日本からいらっしゃるご家族など、ニュージーランドの店に買い物に行くときには、マイバッグを忘れずに持っていくのがいいだろう。

各スーパーマーケットにも、ロゴの入った買い物用の布の袋が売られているので、その袋自体がお土産にもなるかもしれない。

Ban on plastic bags from 1 July 2019