ニュージーランド現地無料留学エージェント

日本でもニュージーランドでも同じだけれど、誰かが職を探していて、どこかの会社(=ビジネス)が働いてくれる人を探している時、まずは、職を探している人が履歴書を提出するところから始めるだろう。

履歴書はその名前通り、仕事を探している人のそれまでの履歴が書かれたものだ。その「過去の情報」を採用する側が読んで、採用するかどうかの一つの判断材料とする。

でも実は、職を探している人も採用する側も、知りたいのは過去ではなく未来のことだ。

職を探している人は、そこで働いた時、どんな仕事ができるのか、どこで誰とどのくらい働くのか、それに対する報酬はどのくらい支払われるのか、そんな「未来」のことが知りたい。

採用する側は、その応募者を採用したら、どんな仕事をしてくれて、どれくらい会社に利益をもたらしてくれるのか、そんな「未来」のことが知りたい。

いわゆる就活は、履歴書という過去の情報から始まるけれど、実際には未来の情報が大切だ。

だから、面接では、履歴書を参考にしながらも、お互いに未来のことについて話をする必要がある。職を探している人は、今までこんなことをしました、という過去の実績を話すだけではなく、自分はこれからこんなことができる、という未来の可能性を主張することが大切なのだ。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
【 無料!高校留学個人相談会!! 2019年5月】

5月11日 土曜日(東京会場)
5月25日 土曜日(大阪会場)

費用は無料です。

お問い合わせは、お手数ですが
こちらからお願いいたします。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++