ニュージーランド現地無料留学エージェント

キャッシュレス社会のNZ

キャッシュレス社会のNZ

ニュージーランドは日本と比べるとキャッシュレス社会だ。 20年以上前に私がニュージーランドに移住してきた当時から、EFTPOSと呼ばれる銀行キャッシュカードを使って多くの店で買い物ができたし、クレジットカードで買い物をする人も多かった。 調べてみるとEFTPOSはニュージーランドでは1985年頃から …

これをやるだけで留学生活が大きく変わる

これをやるだけで留学生活が大きく変わる

留学生達といろいろと話をしたとき、「こういうことをやろうと思っています」と彼らが言うこともある。 例えば、「TOEFLを受けようと思うので英語の勉強を始めようと思います」「フィットネスが弱いので走り込みをやろうと思います」「現地の友達をもっと作りたいと思います」などと言う。 とてもいいことだ。自分で …

女子ラグビーワールドカップがNZで開催へ

女子ラグビーワールドカップがNZで開催へ

来年2019年には、ラグビーのワールドカップが日本各地で開催される。 開催まで後1年を切り、日本でもだんだん盛り上がりを見せつつあるようだけれど、ラグビー王国ニュージーランドでは、来年のワールドカップが日本で開催されることはほとんどの人は知っているし、すでにチケットを買った人も多い。また、2大会連続 …

留学生活で自分だけの何かを見つける

留学生活で自分だけの何かを見つける

中学高校留学生が留学をスタートさせてからしばらくは、新しい生活に慣れるのと英語力を上げることで精一杯で、他のことまでなかなか手が回らない。 でも生活に慣れてきたら、それぞれの留学生がそれぞれにあった生活をするようになる。そして、非日常だった留学生活がいつの間にか日常になって、毎日毎日同じルーティンの …

赤か青かで迷ったときには

赤か青かで迷ったときには

中学高校留学生の現地サポートで気をつけていることの一つは、留学生の視点で考えようとすることだ。 留学生と私達とは、年齢ももちろん違うし普段考えていることも違う。経験も違うし知識も違う。生きている世界が違うといってもいいくらいだ。 だから、サポートする大人の視点で考えるだけでは、うまく行かないこともあ …

親が思うように子どもは成長しない

親が思うように子どもは成長しない

先日のこのブログ「親子関係は様々」で、 「(保護者のサポートの仕方には、)何も言わずにじっと見守るという方もいるし、わりと細かいところまでいろいろ言うという方もいる。また、何か一つでもうまくいっていればそれでいいという方もいるし、勉強もスポーツも人間関係も英語もある程度全てレベルアップしてほしいとい …

先生のストライキで休校

先生のストライキで休校

今日は、ロトルアの小学校と中学校はお休みだ。教師のストライキが行われているからだ。 日本では公立小学校や中学校の先生が待遇改善を求めてストライキをすることはないようだ。ググってみるといろんなニュースやブログが出てくるけれど、基本的には地方公務員法で禁止されているストライキは公立小中学校の先生はできな …

NCEA全国統一試験が始まった

NCEA全国統一試験が始まった

ニュージーランドの多くの高校は5年制で、日本の高校1年生にあたるYear 11以上の3学年は、シニアの学年と呼ばれている。 シニアの学年では、NCEAという国の資格を取得していく。取得するためには、普段の授業を受講し宿題や課題を提出することで単位を取っていくのに加えて、学年の最後に行われる全国統一試 …

前例がないからは理由にならない

前例がないからは理由にならない

日本に比べるとニュージーランドは、何でもフレキシブルな対応だ。 たとえ今まで例がなくても、ルールがあっても、その時の状況で対応してくれることも多い。 例えば、高校留学生が登校初日にまだ制服を購入していなくても、「じゃあ、制服を買うまでは私服でもいいよ」と言ってくれる学校も多いし、日本から家族が来る時 …

弊社の高校留学生がまた学校のPrefect に選出!

弊社の高校留学生がまた学校のPrefect に選出!

昨年の11月にこのブログで「弊社の高校留学生が学校のPrefect に選出!」という記事を書いた。 その留学生は、この1年間学校のPrefectとして忙しい毎日を送り、来年はニュージーランドの大学に進学をする予定だ。 そしてまた、今年のロトルアボーイズハイスクールのプライズギビングでも、弊社の高校留 …

親子関係は様々

親子関係は様々

中学高校留学生の現地サポートには、日本の保護者とのやりとりは欠かせない。 留学生と会ったり話をしたりした時には保護者にご報告するし、学校から連絡があったときも弊社から保護者にご連絡する。それ以外にも、弊社から保護者にコンタクトをすることもあるし、保護者からご質問などをいただくことも多い。 留学生と保 …

NZで出国カードが廃止に

NZで出国カードが廃止に

昨日11月5日から、ニュージーランドを出国するとき「出国カード」が不要になった。 ニュージーランドにいらっしゃった方はご存知かと思うけれど、出国カードは、オークランド空港などでイミグレーションを通る前に全員が書くことが求められていたオレンジ色のカードで、出発便、パスポート番号、氏名、滞在先などを記入 …

留学生達とランチパーティ

留学生達とランチパーティ

昨日の日曜日、うちでランチパーティをした。 前日の土曜日はずっと雨がしとしと降っていたけれど、日曜日は朝から快晴。風は少し強かったけれど、みんな外で体を動かすにはもってこいの天気だった。 今回は、クライストチャーチで5年間Year 13まで高校留学を終えた留学生とそのご両親もわざわざロトルアまでいら …

嫌いでもかまわない

嫌いでもかまわない

誰かのことは好きだけれど別の人のことは好きではないとか、これをするのは好きだけれど他のことは好きではないとか、誰にでも好きや嫌いの感情がある。 高校留学生でも、学校の数学の先生は好きだけれど英語の先生は好きではないとか、ラグビー留学生でも、ウエイトトレーニングは好きだけれどフィットネスは好きではない …

プラスティック・バッグ・バン

プラスティック・バッグ・バン

今日本でも話題になっているようだけれど、ニュージーランドでは、スーパーマーケットなどで使われてきた商品を入れるビニール袋が、もうすぐ完全に廃止になる。 今年の8月中旬にニュージーランドの首相が、1年以内にニュージーランド国内のSingle-use (1度だけ使用する)のビニール袋を廃止するを発表し、 …

数字だけではわからない

数字だけではわからない

10月23日のこのブログ「日本とNZはちょうど同じくらい」で、「例えば今日のロトルアの最高気温は22度、最低気温は10度の予報だ。東京は最高が22度最低が12度だから、ほとんど同じだ。」と書いた。 この時期は、日本は秋でニュージーランドは春だから、気温はどちらも同じくらいだ。 でも、10月に日本とニ …

留学のイメージはロジカルに

留学のイメージはロジカルに

留学に来る前には、留学生自身もご家族も、留学生活に対していろんなイメージがどんどんわいてくるだろう。 不安も大きいだろうけれど、期待も膨らむ。こんな人と出会えるのではないだろうかとか、こんなことがあるのではないだろうかとか、英語がペラペラになっている自分とか、現地の友達と一緒に楽しく遊んでいる姿とか …

ネットやAIのリスクを考える

ネットやAIのリスクを考える

先日、YouTube が1時間くらいつながらないということがあった。 ツイッターなどでも、「ほんとうにつながらない!」とか、「私だけかと思ったら世界中でおこっているらしい」などというツイートが流れてきた。 弊社でもYouTube チャンネルを持っていて、ラグビー留学の様子などをアップしている。弊社の …

暗黙の了解は通用しない

暗黙の了解は通用しない

ニュージーランドと日本の違いはたくさんあるけれど、日本でよくある「暗黙の了解」とか「あうんの呼吸」などということがニュージーランドでは通用しないこともその一つだ。 「暗黙の了解」とか「あうんの呼吸」というのは、基本的には「言わなくてもわかる」ことを前提としている。 それに対してニュージーランドは、基 …

とりあえずやってみる

とりあえずやってみる

例えば留学生で、「私はこれから英語の勉強を毎日一時間やって、IELTSで6.0を取ります」という人がいる。 すごくいい宣言だと思う。 でも、同じようなことを言う留学生の中には、数ヶ月後にIELTSで6.0取る人もいれば、4.5ポイントの人もいる。また、宣言したにもかかわらず途中で勉強をやめてしまう人 …