ニュージーランド現地無料留学エージェント

ニュージーランドに日本から留学に来る学生さんは、まず英語漬けの生活に戸惑う人が多いが、次に戸惑うのは、「あなたはどうしたいのですか?」とか「あなたはこれでハッピーですか?」とよく聞かれることだと思う。おそらく今まで日本にいたときはそういう質問をされた経験があまりないので、最初は質問の意味をはかりかねる留学生もいる。

ニュージーランドでは、まず自分はどうしたいのか、今の状態を自分はどう感じているのかを人に伝えることで、状況を変えるという方法がとられることが多い。黙っていたら、今の状況に満足していると思われる。後で、あの時は不満があった、と言っても、何故その時に言わないのかと言われる。

また、高校などでも、ランチはどこで食べてもいいなど、日本よりもルールが少ない。その分、自分はどこで誰と食べるのかを考えて、行動する必要がある。だれも指示してくれない。ルールが少なく、指示されることもない分、自分で考えて、自分のしたいことを、周囲の状況も見ながら自分で決定して行動しなければならない。そして、自分が考えて判断して行動した結果に対する責任は、基本的に自分にある。

日本では、ルールが多く、それに従っていれば大きな問題はない。また、周りの人がする通りに行動していれば、自分の責任を問われることも避けられる。でも、それでは自分で判断して行動するという、あたりまえの姿勢を身につけることは困難だ。

日本から来た高校留学生などは、まずここで戸惑う。そして、ショックを受けながらも、留学生活の中で、自分で考えて、判断して、行動できるようにだんだんなってくる。そういう姿勢を生活の中で身につけることができるようになるのも、留学の大きな利点だと思う。