ニュージーランド現地無料留学エージェント

大学生の時、生まれて初めて海外旅行に行った。当時はまだ小さな会社だったHISに行って、いろいろと情報を集めて、そして航空券を買った。航空券を購入してもすぐには現物がもらえずに、また後日取りに行った記憶がある。

その航空券は、何枚かに綴られていて、何の意味だかわからない記号が赤い文字でたくさん書いてあった。どれが往路の航空券でどれが復路の航空券なのかさえ、当時はわからなかった。とりあえず持っている航空券の全てをチェックインカウンターで提示する、ということしかできなかった。

今では、国際線も国内線もほとんど全てがE-Ticket でオンラインで購入できる。購入したチケットは数分以内にEmail で送られてくる。内容もわかりやすく記載されてある。また、国内線は搭乗券もEmail で送られてきて、荷物さえ小さければそのまま飛行機にすぐに乗ることもできる。だから、飛行機に乗ろうと思い立って、航空券情報を収集し、航空券を購入して、チケットを入手し、飛行機に乗るまでに、国際線のチェックインカウンターを除けば、ほとんど人と会話をすることもない。

便利な世の中になった。