ニュージーランド現地無料留学エージェント

先日、日本から初めてニュージーランドにいらした留学生の親御さんが、「ニュージーランドは水やジュースが高いですね」とおっしゃっていた。確かに、700ミリの水が一本3ドルくらいするので、日本と比べると、特に最近の円安の為替だと高く感じるだろう。

今日のニュージーランドヘラルド紙に、「Kiwi prices among the highest in the world(ニュージーランドの物価は世界でも最も高い)」という見出しの記事が掲載されている。記事は5月9日に発表されたドイツ銀行の「Mapping the World’s Prices 2014」の結果に基づいているのだけれど、ニュージーランドのものの価格、特にコカコーラやスポーツシューズ、iPhone やMacBookなどは他国に比べて高いという。

ただ、何もかもがどこよりも高いというわけではない。例えば、オークランドやウエリントンの五つ星ホテルの宿泊費は他国に比べても低い方なので、オークランドやウエリントンの五つ星ホテルに2泊して、レンタカーを借りて移動し、食事や買い物をした場合、その費用はシドニーで同じことをした場合の半額以下になるそうだ。

記事の中では、オンラインショッピングの普及でボーダレスの競争が激しくなって、リテイルショップは価格競争に入っていることを自覚しないといけない、とも書いてあるので、ニュージーランドのものの価格がこのまま高止まりすることは考えられない。ただ、リテイルショップも薄い利益でビジネスをしている人たちも多いので、競争があるからと言ってすぐに安くなるものでもないだろう。

「Mapping the World’s Prices 2014」の詳しい結果は以下からご覧いただける。
「Mapping the World’s Prices 2014」