ニュージーランド現地無料留学エージェント

ニュージーランドと日本は、自動車の運転もよく似ている。左側通行の右ハンドルが原則で、走っている車も日本車が圧倒的に多いし、レンタカーも日本車が多い。

だから、日本から旅行でニュージーランドに来て、自分で運転して移動する方などは、アメリカなどを旅行するのに比べて楽だと思う。

ただ、オークランドを除いては、町の中心からしばらく走るとずっとファームが広がり、次の町までは何もない道が続く。だから、通行量が多い制限速度が100キロの道でも、片側一車線で路肩が狭かったりするし、町を少し離れると、車一台しか通ることができない、幅の狭い一車線だけの橋、One-Lane Bridges に出会ったりする。

One-Lane Bridges (ワンレーン・ブリッジ)は、その名の通り橋そのものが一車線で、一度に一方向しか走れない。でも橋までの道は2車線で車が対向できる。だから、One-Lane Bridges の手前には必ずGive Way (道を譲る=一旦停止)の標識があり、橋を通行する優先方向が決まっている。そして、特に優先でない方向の車は、対向車が橋の向こうから来ないかどうかをよく確かめてから渡る必要がある。

ロトルアの近くでは、タウランガに通じるTauranga Direct Road に一カ所、One-Lane Bridge がある。数年前まではタウランガに行くまでに3カ所あったのだけれど、2カ所は橋の幅を広げて、何年か前に片側一車線の対面通行ができる橋になった。

ニュージーランドで車を運転される方は、少し町を離れた所でOne-Lane Bridgeに出会ったら、優先方向をよく見て、対向車に注意をして通行してください。

One-Lane Bridge の運転について(NZ Transport Agency)