ニュージーランド現地無料留学エージェント

ニュージーランドの高校のYear 11~Year 13、いわゆるシニアの学年は、全国統一試験もそろそろ終わりに近づいてきている。

留学生の中にはすでに自分の試験も終わった人も多いので、継続して来年も留学する人は、もう夏休み期間に入っているし、最終学年のYear 13の留学生たちは、留学生活を終えて高校を卒業する。

先週、ロトルアのウエスタンハイツハイスクールのYear 13の留学生たちのフェアウェルディナーが行われ、私たちスタッフも招待されたので行ってきた。

例年は、学校に、留学生たち、ホームステイのファミリー、先生方、などが集まって、修了セレモニーが行われ、私たちスタッフも招待されるのだけれど、今年はアラートレベルLeve 2 のルールでそれができず、ロトルアの日本食レストランで20人ほどが集まるフェアウェルディナーとなった。

WHHSのYear 13の弊社の留学生の中には、日本の大学受験のためにすでに日本に帰国した留学生も何人かいたけれど、External Exams やAssessments のある留学生たちで、日本の大学受験がない人たちは、この時期まで残っていた。

みんなでいろんな話をしたあと、留学生担当の先生から、記念品がYear 13の留学生たちに渡された。グリーンストーンのネックレスやキウイのパズルなど、一人ひとりのことを考えた素敵な記念品だった。

Year 13の留学生たちの中には、オタゴ大学やビクトリア大学に来年進学予定の人もいるし、今週日本に帰国する人もいる。ニュージーランドの大学に進学する人は2月までまだロトルアに滞在するけれど、日本に帰国する留学生はもあと少しでニュージーランドでの生活も終わりだ。

今ニュージーランドで留学を続けている留学生たちは、昨年2020年の1月末くらいからずっとニュージーランドに滞在している。ロックダウンもあったし、行動が制限されていた時期もあったので、コロナ以前と比べると精神的にきつい留学生活だったと思う。

でも、フェアウェルディナーでは、とても楽しそうな顔をしていたし、これから始まる新しい生活に期待と希望で胸を膨らませていた。

Year 13の留学生のみなさん、ここまでよくがんばりましたね。いろんな経験をして、たくさんの想い出を作ったことと思います。

これからの新しい生活も、楽しくて充実したものになると思います。

これからもロトルアから応援しています!

++++++++++++++++++++
弊社では、現在NZで留学を続けている留学生達の現地サポートとあわせて、大学留学、中学高校留学、語学留学などの、2022年以降のすべての留学プランのお問い合わせとお申し込みの受付を承っています。

2022年4月30日から段階的に、一定の条件のもと入国制限が緩和されることが発表されました。

今後、入国制限の緩和の具体的な日程や、学生ビザのNZ国外からの申請受付の日程が発表されると、お申し込みやビザ申請が一度に集中することも予想されます。 2022年以降の留学をお考えの方は、今が情報を収集する最もいいタイミングです。

お問い合わせは以下からお願いいたします。