ニュージーランド現地無料留学エージェント

ニュージーランドでは、2021年9月1日から、12歳以上を対象とした全ての人の新型コロナウイルスのワクチン接種の予約が始まった。

すでに30歳以上の人は8月中に予約がスタートしているけれど、9月からは12歳以上の人はだれでも予約ができるようになった。ニュージーランドにいる人が対象なので、ビザの種類にかかわらず無料で接種ができる。もちろん、留学生でも12歳以上なら対象になる。

先日のNZ首相の会見でも、「国籍やビザの種類にかかわらず、ニュージーランドに今いる人であれば、合法的に滞在していなくても接種できる」と明言していた。

ワクチン接種の予約は、オンラインか電話でできる。オンライン予約もとてもわかりやすくて簡単だ。

まずは、https://bookmyvaccine.covid19.health.nz/ にアクセスする。

そこのトップページにも、

「COVID-19 vaccination is free for everyone in Aotearoa New Zealand. You can get the vaccine if you’re aged 12 or over – it doesn’t matter what your visa or citizenship status is.

(ニュージーランドにいる人は無料でワクチン接種ができます。12歳以上であれば、ビザの種類や国籍は関係ありません)」

とはっきりと書いてある。

「Book or register for your vaccine」を選ぶと、言語を選択できるけれど、英語かマオリ語かどちらかだ。

次に、自分のために予約をするのか、誰か他の人のために予約をするのか、そして、接種は1回目か2回目か、などの質問に答える。1回目か2回目かによって、そのあとの質問が異なってくる。

次に接種を受ける地域を入力すると、最も近い接種会場の選択肢が出てくるので、接種希望会場を選ぶ。

次は、接種希望日時を選ぶ。その時点で接種可能な日と時間を選ぶことができる。

1回目のアポイントが取れたら、続いて2回目のアポイントもとることができる。6週間後以降の接種可能日時がでてくるので、希望する日と時間を選ぶ。

2回ともアポイントがとれたら、名前、生年月日などの個人情報を入力。このページで、メールかテキストメッセージ(あるいは両方)どちらでアポイントの確認を受け取るかを選ぶことができる。

Complete your booking をクリックすれば予約が完了。予約内容画面も出てくるし、確認も届く。メールで届く予約確認には、予約内容に加えて、QRコードと予約番号も記載されている。

接種日に会場に行って、名前を伝え、オンラインで予約を確認してもらった後、すぐに接種ができる。

とても簡単だ。早い人なら10分もあれば予約が完了するだろう。9月1日の朝でもオンライン予約はサクサクととてもスムーズに進んだ。

ニュージーランドにいる18歳以下の留学生は、このオンライン予約ではなくて、まずは留学先の学校に相談することが必要だ。日本の保護者の接種許可が必要な場合がある。

ここ2~3週間でニュージーランドのワクチン接種もかなり進み、8月31日時点で、1回目の接種を終えた人が約223万人、2回目が約118万人、合計約340万人となっている。人口が500万人程度なので、接種対象者がほぼ全員接種を終えるのも、そう遠くないだろう。

COVID-19: Vaccine data
https://www.health.govt.nz/our-work/diseases-and-conditions/covid-19-novel-coronavirus/covid-19-data-and-statistics/covid-19-vaccine-data