ニュージーランド現地無料留学エージェント

私のニュージーランド人の友達に、歌を口ずさみながら家で料理をする人がいる。

その人が作った料理はどれも美味しい。そして料理をしている時だけではなく、掃除や洗濯をしている時も、楽しそうに歌を歌っている。

「この人は、いつも歌を歌いながら楽しそうに家事をしている。きっと家事が好きなんだろう」と思っていた。でも、体調が悪いときでも、大量の洗濯物がある時でも、歌を歌っているのを見て、「あれっ」と思った。

もしかしたら、この人は、家事が好きだから歌を歌っているのではなくて、歌を歌っているから楽しそうに見えるのかもしれない。その人自身にしてみれば、歌を歌うことで楽しい気持ちになっているのかもしれない。そう思った。

聞いてみると、「家事は好きで楽しいけれど、そりゃ、いつもいつも楽しいわけではない。家事をしたくない時もある。」と言っていた。

楽しいから歌を歌う。好きなことをしているから思わず歌を口ずさむ。もちろんそんなこともあるだろう。

でも、楽しくないときも、やりたくないことをしなければならない時も、歌を歌うことで、少し楽しくなる。それも事実だろう。

しんどいときこそ歌を歌う。歌を歌うことで少し気分が上を向く。そして目の前のやるべきことがちょっと好きになる。

義務としてではなく、少しでも楽しくやる。その方法を考えて、実践する。

そんなことをそのニュージーランドの友達から学んだ。