ニュージーランド現地無料留学エージェント

成功している人がいる。夢を持ってそれを実現している人がいる。今から夢を実現しようとしている人から見ると、「どうして彼らは、成功し、夢を実現しているのだろう」と思う。

成功って何?夢を実現するってどういうこと?という議論もあるだろうが、
それは今は置いておく。いわゆる成功している人、夢を実現した人は、何が違うのだろうか。そんなものが簡単にわかるのであれば誰も苦労しないだろうが、成功している人、夢を実現している人を見て私が感じるのは、ほんの些細なことが、彼らを成功に導き、夢の実現に力を貸したということだ。それは、「ここだ」という瞬間をわかっていたかどうか、ということだと思う。

成功している人、夢を実現している人に話を聞くと、おそらく「一歩間違えていれば今はないと思う」とか「ぎりぎりのところで踏ん張ってきた」とか、また、「チャンスに賭けた」とかいう答えが返ってくると思う。それは、ある瞬間、「ここだ」という時に、持っているだけのエネルギーや時間、お金や知識や経験を、一点に注ぎ込んだということだと思う。そこで、自分の持っているものを、どこにどのようにどの程度注ぎ込むかによって、その後の結果が大きく変わってくる。そこが、分岐点だ。

確かに、タイミングよく、自分の持てるものを、確実な対象に注ぎ込むことができれば全てうまく行くとは限らない。自分のコントロールの及ばない力や運に左右されることも多いのも現実だ。しかし、「ここだ」という時を判断して行動を起こさない限り、分岐点を自分で作ることはできないのも事実だと思う。

「ここだ」という瞬間を見極めるのは難しい。後から気づいて後悔することもあるだろうし、うまくいってから、「あそこが「ここだ」という瞬間だったのだ」と感じることもあるだろう。でも、成功した人、夢を実現した人は、おそらく、常に「ここだ」という瞬間が訪れるのを待っていたのだと思う。自分の目標や夢をもってそれを実現することをいつも強く願っている人は、いつか「ここだ」という瞬間が自分にも訪れることを知っていたし、しかもそれに対して準備をして待っていたのだろう。そして、ためらいや不安もあっただろうが、「ここだ」という瞬間に賭けて、踏ん張ってやって来たのだろう。それがチャンスをつかむということなのだと思う。