ニュージーランド現地無料留学エージェント

この時期、たくさんの留学生が日本からやってきて、ニュージーランドで留学をスタートさせる。到着前にもメールでやり取りをするが、到着後も会いに行って話をする。

このブログでも何度か書いたが、キックオフNZ は、留学生を手取り足取り現地でサポートし、失敗をする前にそれを防ぎ、留学生や親御さんの希望であればどんなことでもそれを実行する、というタイプの留学エージェントではない。私たちは、留学生に自分で考えて行動してもらって、うまく行ったりうまく行かなかったりして、いろんな経験の中からいろんなことを考えて、最終的には、自分で考えて、自分で判断し行動する力を身につけてほしいと願っている。

だから、いろんな局面で、留学生に対して「こうしなさい」という前に、「あなたはどうしたいのですか?」と訊ねる。この問いは、ニュージーランドに来た留学生達に対して、私たちからだけではなく、多くのニュージーランドの人達、先生や友達やステイ先の人達から常に投げかけられる問いだ。

どうしたいのか、と問われると、多くの留学生達は最初は戸惑う。おそらく日本でそんな問いを投げかけられたことが少ないのだろう。日本では、「あなたはこうしなさい。なぜなら、規則で決まっているからだ。」とか「なぜなら、今までそうしてきたからだ。」とか「なぜなら、みんなそうしているからだ。」と言われて、それに従うことが多かったのだろう。だから、自分はどうしたいのか、と考えることに慣れていない。

そして、あなたはどうしたいのか、と私たちが問うと、「みんなはどうしていますか?」と逆に質問してくる学生もいる。自分がどうするのかを決めるのに、やはり周囲がどうしているのかが判断の基準の一番最初にくるのだ。

でもそれは当然だと思う。日本で、周りが何をしているのかを見てそれにあわせて行動しなさい、周囲がしていることと外れないようにしなさい、と教えられてきたのであれば、何かをしようとしたときや何かを判断しようとするときに、周囲の人達の行動を知りたくなるのは当たり前だろう。

でも、ニュージーランドに留学に来たら、その基準は通用しないことが多い。周囲が何をしていようとも、自分がこうしたい、と思えばそれを実行することができる。もちろん、ルールはあるし他の人のことを考える必要もある。でもそれは、自分の行動や判断の基準をまず、周囲の人達の行動に求めるのとは、意味が異なる。

だから「みんなはどうしていますか?」と逆に聞かれた時は、「ある人はこうしているけれど、別の人は違うことをしている」などと返事をする。それが事実だからだ。

そして無理やりにでも考えてもらう。「自分はどうしたいのか」を。なぜなら、ニュージーランドでは常にそれが求められるし、自分はどうしたいのかを主張することなく、周囲と協調することはできないからだ。単に周囲の人達がやっていることと同じようにするのであれば、それは協調ではなく迎合だ。

ニュージーランドで留学を始めた学生が、最初に直面する問い。「あなたはどうしたいのですか?」その問いを受け止めてじっくりと考えるところから、留学は始まるのだと思う。