ニュージーランド現地無料留学エージェント

このブログでも何度か書いたが、今ニュージーランドでは、プロラグビーの、スーパーラグビーという大会が盛り上がっている。

スーパーラグビーは、ニュージーランド、オーストラリア、南アフリカの3カ国からそれぞれ5つのプロラグビーチームが参加して、2月末から今年は7月まで行われる。ニュージーランドの5チームは、オークランドなどを中心とした地域のBlues、ワイカトやベイオブプレンティ地域を中心としたChiefs、ウエリントンを中心としたHurricanes、クライストチャーチを中心としたCrusaders、そして、ダニーデンを中心としたHighlanders の5チームだ。それぞれのチームはそれぞれの地域に密着しており、例えば、オークランドの人はBluesを、クライストチャーチの人はCrusadersを、そしてハミルトンやロトルアの人はChiefs を応援している。当然のように熱狂的なファンも数多い。

スーパーラグビーでは、試合に1つ勝てばそのチームは4ポイント獲得できる。負けても7点差以内であればボーナスポイントが1ポイント、そして、1試合中に4トライ以上すれば、勝っても負けても1ポイント獲得できる。だから、例えば4トライ以上して試合に勝てば、合計5ポイント獲得できる。

そして2月の開幕から先週末までで各チーム8試合を終了し、現在Chiefs が7連勝35ポイントでトップ。ニュージーランドのチームでは、2位がHighlanders、3位がCrusaders、4位がHurricanes と続いている。

Chiefsf はキックオフNZ のオフィスのあるロトルアにとっても地元のチームだが、例年最初の3試合くらいは調子よく、みんな「今年こそいけるかも」と期待するのだが、4月も末頃になると優勝戦線から離脱して、「今年もやっぱり弱かった」とファンを落胆させる、そういうキュートなチームだ。でも今年は、初戦こそ落としたものの、その後は怒涛の7連勝でトップをキープ。地元のChiefs ファンも、「一体どうしたのだろう」と首をかしげるくらい強い。今年からヘッドコーチも変わり、All Blacks の有名な選手も複数新規加入したということもあり、昨年とは違ったチームにはなっているのだが、この時期首位独走というのは、Chiefs ファンはあまり経験したことがないだけに、ファンのみんないろんな意味で興奮状態だ。

そのChiefs は、明日、地元ハミルトンのワイカトスタジアムで、Hurricanes と対戦する。Chiefs はもちろん首位独走態勢をキープするために勝ちたい試合だし、Hurricanes は4勝4敗で後がなく、こちらも絶対に落とせない試合だ。盛り上がる試合になるだろう。

残念ながら日本ではテレビ放映はないようだが、下記のサイトなどでライブスコアが見られる。

http://www.facebook.com/chiefsrugby
https://twitter.com/#ChiefsRugby
http://rugbymatchcentre.nzherald.co.nz/default.aspx?s=home&cid=48&mid=2483