ニュージーランド現地無料留学エージェント

先週末、留学生達と一緒に、スーパーラグビーのチーフス対ハリケーンズ戦を、ハミルトンまで観にいった。

人数が多かったので、ロトルアからシャトルバスを借り切ってハミルトンまで移動した。途中、ティラウという街で休憩。ここの観光案内所にあるアイスクリームがとてもおいしい。ティラウから50分ほど車に揺られ、ハミルトンの宿に到着してチェックインを済ませ、そのままみんなでハミルトンの街に行った。普段ロトルアで留学している学生達は、ロトルアよりも大きなハミルトンの街でのショッピングをとても楽しみにしていた。ハミルトンではランチタイムから夕方まで自由行動。たくさんの買物をしている学生もいたし、ウインドウショッピングを楽しんでいた学生もいた。

夕方に街で集まってみんなで宿に戻り、ラグビー観戦の準備。そして、歩いてスタジアムへ。宿からスタジアムまでは5分くらいだが、スタジアムが見えてくると、何故だか興奮してきて、みんな足が早くなる。

キックオフは7時35分だったが、スタジアムの雰囲気を味わい選手達の練習を見るために、6時半頃にはスタジアムについた。ラグビー留学生達などは、練習に出てくる選手の写真を撮るために下に下りていって、カメラを構えていた。

チーフスが例年になく絶好調で首位に立っていることもあり、また、対戦相手がウエリントンをホームとするハリケーンズだったこともあり、観客は2万2千人以上と発表された。私たちが座っている周りも空いている席は一つもなかった。

試合も、後半特に盛り上がった。結果はチーフスが3トライで勝利。首位を保った。

試合後は、観客はグランドの中にこそ入れないものの、選手達が観客席の近くまで来てサインをしてくれた。中には、観客席の中に入ってきてくれる選手もいた。試合が9時過ぎに終わって、選手達がサインをほぼ終えたのは夜10時前。80分間全力で走りきって疲れた体にもかかわらず、ニコニコとひとりひとりのファンのサインに応え、写真も一緒に撮ってくれていた。毎回のことだが、本当にすごいと思う。これが、ニュージーランドにラグビーが根付き続ける一つの理由だと思うし、プロラグビー選手にあこがれる子どもがたくさん出てくる理由だと思う。さすがラグビー王国だ。

夜は宿でみんなでおしゃべり。キックオフNZ の留学生達はみんなとてもいい学生達で、仲もいい。ショッピングやラグビー観戦と同じように、夜の友達とのおしゃべりもみんな楽しみにしていたのだろうと思う。

翌日は朝食後にロトルアに向けて出発。昼過ぎにそれぞれのステイ先に送り届けて、観戦ツアーは終了。みんな「むちゃくちゃ楽しかったです!また行きたいです。」と笑顔で言っていた。

チーフス対ハリケーンズの写真を、キックオフNZ のフェイスブックにアップしています。