ニュージーランド現地無料留学エージェント

昨日は、ロトルアの高校留学生達のうち、来年以降も継続して留学する学生達と一緒に、図書館で学生ビザの申請の準備をした。

ニュージーランドに限らないと思うが、学生ビザの申請書の記入や申請書類の準備は、とても大変だ。申請書が全て英語ということもあるが、学生ビザの申請時にも、高校留学生と小学校留学生では記入する項目が異なっていたり、1年目と2年目では提出書類が異なっていたりするので、きちんと書類を記入して必要書類を整えるのは、手間と時間が必要だ。学生ビザの申請準備をしているとおそらく、「何故こんなややこしいことをしなければならないのか」などと感じることも多いだろう。

そう考えると、そもそもビザって何なのだろう、ということになる。大雑把に言えば、ビザは、他の国籍を持つ人がその国に滞在するときに必要な許可証、と言える。基本的には、日本国民がニュージーランドに入国するときでもビザは必要なのだが、実際には、日本国籍を持つ人はニュージーランドに一定の条件の下で入国するときにはビザが免除となっているので、観光に来る場合などは事前にビザを申請せずに入国している。

他の国籍を持つ人がニュージーランドで就労するときに必要なビザが就労ビザで、ニュージーランド国内で3ヶ月を超えて学校に通うときに必要なビザが学生ビザだ。だから、学生ビザを申請する、ということは、ニュージーランドに滞在中はフルタイムで学校に通う、ということだ。学生ビザには、申請書類に記入した学校名や在籍学年などもきちんと書かれてある。

永住権という言葉があるが、これも一般的には永住ビザのことをさす場合が多い。ニュージーランドの永住ビザ保持者は、ニュージーランド国内で働くこともできるし、学校に通うこともできるし、旅行をすることもできる。だから、永住ビザは就労ビザや学生ビザでできることを全て含んだビザ、ということもできる。

永住ビザを含めて、ビザを持って滞在する、ということは、外国籍を持つ人としてその国に一定の条件のもとで滞在を許可されている、ということだ。だから、ニュージーランド国籍を持っていない人が、ニュージーランドでフルタイムで3ヶ月間を超えて学校に通う場合は、ニュージーランド国に対して許可をもらって滞在する必要がある。それが、学生ビザの申請と取得だ。

そう考えると、学生ビザの申請とその準備は、そんなに簡単ではない理由がわかる。