ニュージーランド現地無料留学エージェント

デイライトセービングが、9月30日日曜日から始まった。

時計の針を1時間進めるので、前日の午後6時が7時になって、日が長くなる。でも逆に、朝日が昇る時刻が1時間遅くなるので、今は朝6時だとまだ暗い。

日が暮れるのが1時間遅くなったので、それを楽しもうと、日が暮れてきてもリビングのカーテンをずっと開けていた。夕日が地平線に沈んでしばらくはまだ明るいけれど、だんだん暗くなってきて、まずは東の空が暗くなり、その後西の空が暮れてくる。

部屋にいると、どんどん暗くなっていくのがわかるけれど、日が沈んでしばらくはまだ外は明るい感じがする。部屋の中ではすでに本が読めないくらいに暗くなっても、外はまだ少し明るくて、夕方から夜になっていくのを体で感じることができる。部屋から窓の外を眺めると、外のほうが明るく感じる。

でもそのときいきなり部屋の照明をつけると、部屋はものすごく明るくなるのだが、窓の外が一気に暗く、というよりも黒くなる。

部屋の照明をつけることで、外が夜になる。