ニュージーランド現地無料留学エージェント

日本からきた十代の留学生たちの多くに共通する態度があるように思う。

あなたはどうしたいのか?という問いに対して、「自分はこうしたい」と具体的に答えることに抵抗がある。

周りの人に「自分はどうしてほしいのか」をはっきりと伝えることに慣れていない。

そして、他の人はどうしているのですか?私には何がお勧めですか?私はどうすればいいのでしょうか?と人に聞く。

これは、今年に限らず、日本からきた留学生の多くに共通する態度だと感じる。

もちろん、そうでない人もいる。自分の考え、自分の判断、自分の気持などをはっきりと人に伝えるところから始める人もいる。

でも、日本からきたばかりのまだ十代の多くの人たちは、「自分のこと」をはっきりと人に伝えるべきときにも、それをためらう。

いいとか悪いとかではなく、そこが、ニュージーランドの十代の人たちと大きく異なる部分だ。

でも、留学生活の中では、自分はこうしたいとか、自分は人にどうしてほしいのかとか、そんなことをきちんと伝えないと、うまく進まないことも多い。だから、いろんな経験をしながら、みんな、自分のことを人にはっきりと伝えるようになっていく。

もしかすると日本では、自分はこうしたいとか、人にこうしてほしいとか、そんなことをはっきりと具体的に伝えるシチュエーションは、あまり多くないのかもしれない。それを伝えることが求められないばかりではなく、それを伝えることが自分にとってマイナスになることもあるのかもしれない。

でも、自分がやりたいことがあるのなら、自分が人にしてほしいことがあるのなら、それを自分がきちんと具体的に伝えずに、どうやってうまく進めていくことができるのだろうか?

ニュージーランドでは、What do you want?とよく聞かれる。あなたはどうしたいのか?まずはそこをみんなで確認するところから始めましょう、ということだ。

そこで、何も言わなければ、まったくことは進まない。

だから、ニュージーランドに留学に来たならば、What do I want? とまずは自分で自分に問うてみて、それをはっきりと人に伝える。

そこから始めてみるのがいいと思う。

++++++++++
キックオフNZ では、7月2日(土)に、オンランでNZ中学高校留学および大学留学の個人相談会を実施いたします。

相談会参加費用は無料です。
事前の予約制です。

お問い合わせは以下からお早めにお願いいたします。