ニュージーランド現地無料留学エージェント

ニュージーランドで中学高校留学をしたあとに、そのままニュージーランドの大学に進学する人も増えてきた。

中学高校留学を3年間とか5年間とか終えた後は、英語力は大きな問題はないし、せっかくニュージーランドの中学高校で勉強したのに、日本の大学で日本語で日本の形式の授業を受けるよりも、ニュージーランドの大学で世界で通用する力を身につけるほうがいい、と考える留学生や親御さんが増えてきたからだ。

ニュージーランドの大学で学士レベル以上の資格を取って卒業したら、当然世界中の求人に応募することができるし、そのあとの人生で活躍の場は世界に広がる。もちろん、ずっと日本で日本語だけで仕事をするよりも、選択肢が増えるぶん、収入も増える可能性が高いだろう。

ニュージーランドの中学高校留学生がニュージーランドの大学に進学をするためには、高校1年生のときから、NCEAという国の資格を取得して、University Entrance (UE)という単位を取ることが求められる。

UEの最低必単位はおおよそ以下のようになっている。

– NCEAのLevel 3 取得に必要な単位を取得していること。
– Level 3 の指定された3つの科目(Approved subjects)で、各14単位以上取得していること。
– Level 2 以上の指定された科目のLiteracy の項目で、Reading で5単位以上、Writing で5単位、合計10単位以上を取得していること。
– Level 1 の指定された科目のNumeracy の項目で、10単位以上取得していること。

Level 3 は高校の最終学年Year 13で履修することが多いけれど、Level 3 の「指定された3つの科目」をどの科目にするのかが、とても重要になってくる。

現地生徒でも大変なLevel 3 の指定された3つの科目の単位取得は、留学生にとっては時間もエネルギーもかかる。だから、Year 13になるときにどの科目を履修するのか慎重に考える。

でも実は、Level 3 の科目を履修するためには、その科目のLevel 2の内容を理解しておかなければならない。いきなりLevel 3 から新しい科目を勉強しても、ついていけないからだ。

だから、UE取得を目指す人は、Year 12でLevel 2 の時間割を決めるときから、Level 3 のことを考えて科目選択をする。

指定科目には、英語や数学や科学ももちろんあるけれど、ダンスやドラマ、音楽やアートも入っている。だから、アカデミックな内容よりも、ダンスやドラマや音楽やアートが得意な生徒は、そんな科目を「指定された3つの科目」として履修する。

ただ、大学の学部によっては、たとえば高校で生物を履修しておくことを強く勧めている、などという学部もあるので、単に得意な科目を取ればいいというものでもない。

だから、ニュージーランドの中学高校留学生がニュージーランドの大学への進学を考えるときには、Year 11くらいから、選択科目を慎重に選ぶことがとても大切なのだ。

++++++++++++++++++++
弊社では、現在NZで留学を続けている留学生達の現地サポートとあわせて、大学留学、中学高校留学、語学留学などすべての留学プログラムのお問い合わせとお申し込みの受付を承っています。

ニュージーランドでは、7月以降短期留学生が入国でき、10月以降長期留学生が日本からビザを申請・取得し、入国できることが発表されています。

留学をお考えの方は、今が情報を収集する最もいいタイミングです。

お問い合わせは以下からお願いいたします。