ニュージーランド現地無料留学エージェント

昨日、2021年11月24日(水)午後1時から、Covid-19担当大臣が記者会見を開き、ニュージーランドの入国制限の緩和についてのアナウンスがありました。

ニュージーランドの入国制限の緩和が、2022年1月中旬から3ステップで行われ、そのステップ3として、4月30日から段階的に、「NZ国籍・永住権を持たない方」の入国が、条件付きで認められます。

ステップ1 
2022年1月16日午後11時59分から

NZ国籍や永住権保持者で、ワクチン接種を完了している人は、オーストラリアからの入国に限り、政府管理下での隔離なしで入国できます。

ステップ2 
2022年2月13日午後11時59分から

NZ国籍や永住権保持者で、ワクチン接種を完了している人は、ハイリスク国を除くすべての国から、政府管理下での隔離なしで入国できます。

ステップ3 
2022年4月30日以降段階的に

NZ国籍や永住権を持たない人でも、ワクチン接種を完了している人は、政府管理下での隔離なしで入国できます。

3つの全てのステップで、以下の条件を満たしていることが求められます。

⁻ 滞在国を出国する前の、検査での陰性の証明
⁻ ワクチン接種の証明
⁻ NZ入国前の滞在履歴の証明(Travel History)
⁻ NZ到着時の検査
⁻ NZ入国後、7日間の自主隔離
⁻ 自主隔離後、NZ国内を自由に行動する前の検査での陰性証明

昨日のアナウンスでは、4月30日以降、NZ国籍や永住権を持たないすべての人が、条件を満たせばすぐに入国できるようになるかどうか、詳細は発表されませんでした。詳細は12月にまたアナウンスされる予定です。

昨日の発表を踏まえた上での、弊社の見解と予想です。

政府のアナウンスを見る限りでは、4月30日以降すぐに、いわゆるビザなしで一般の旅行者がみなさん入国できるようになるかどうかは、まだはっきりとしません。NZ国内の状況だけではなく、世界の状況によっても変わってくると思います。

もしかすると、4月30日以降は段階的に、まずは、条件を満たしている、就労ビザ、学生ビザなどの保持者で、NZ入国後の7日間の自主隔離場所を自分で確保できる方から、入国が認められる可能性もあります。

現在ニュージーランドで留学をしていて来年以降も継続して留学し、2022年の学生ビザをNZ国内から申請・取得する留学生は、4月30日以降日本に一時帰国してNZに戻ってきても、条件を満たせば政府管理下での隔離なしでニュージーランドに再入国できる可能性も高いと思います。

昨年3月末からずっとNZで留学を続けている留学生たちも、やっと家族と会えるめどがたったと言えると思います。ほんとうによかったです。

また、今後NZ国外から学生ビザを申請する方は、遅くても4月30日までには、NZ国外から学生ビザをオンラインで申請、取得できる環境が整っている可能性が高いと考えられます。NZ国外からのビザ申請についても、今後のアナウンスに注意する必要があります。

弊社でも、すでに2022年の留学をお申込みいただき、入国できる日がアナウンスされるのを待っている方も複数いらっしゃいます。新型コロナウイルスの感染が拡大する以前からお問合せをいただき、ずっとやり取りさせていただいている方も多いです。ほんとうにありがとうございます。

ようやく留学をスタートしていただく日が見えてきました。長い間お待たせをいたしました。

今後、ニュージーランド航空などが国際線を増便する可能性もあります。ニュージーランドに入国を考えていらっしゃる方は、今後の航空便情報にも注意をしてください。

詳細は以下のサイトなどの一次情報を必ずご自身でご確認ください。また新しい情報が入りましたら、このブログ、Facebook Pageなどでご連絡をいたします。

Reconnecting New Zealand — the next steps
24 Nov 2021
https://covid19.govt.nz/alert-levels-and-updates/latest-updates/reconnecting-new-zealand-the-next-steps/

+++++++++++++++++++++
弊社では、現在NZで留学を続けている留学生達の現地サポートとあわせて、大学留学、中学高校留学、語学留学などの、2022年以降のすべての留学プランのお問い合わせとお申し込みの受付を承っています。

入国制限の緩和の具体的な日程や、学生ビザのNZ国外からの申請受付の日程が発表されると、お申し込みやビザ申請が一度に集中することも予想されます。 2022年以降の留学をお考えの方は、今が情報を収集する最もいいタイミングです。

お問い合わせは以下からお願いいたします。