ニュージーランド現地無料留学エージェント

昨日NZ首相が記者会見を行い、明日から、オークランド地域のアラートレベルがLevel 3 に引き下げられることがアナウンスされた。

8月18日から5週間ロックダウン状態が続いてきたオークランド地域の人たちは、ほっと一息だ。

ただLevel 3といっても、学校はまだオンライン授業で、基本的には今いるバブルの中の人達と一緒に過ごすことになる。

オークランド以外の地域の人達は、9月8日からアラートレベルがLevel 2 に引き下げられて、マスクの着用やコンタクトトレーシングの義務化などのルールはあるけれど、 日常生活には大きな不便を感じずに過ごしている。

Level 2 では学校も対面授業が始まっているし、ラグビーの練習やダンスのレッスンも行われ、家族や友達とも自由に会うことができる。

でもやはり、Level 2 の生活を楽しんでいても、どこかでオークランドのロックダウンのことは頭から離れない。

この1年半、ニュージーランドでは、Team of 5 million というスローガンとともに、ニュージーランドにいる500万人みんなでこの困難な状況を乗り切ろうとしてきた。

Team of 5 million というのであれば、オークランド以外の地域がLevel 2で比較的自由な日常生活を送っていても、ロックダウンがずっと続いてきた、そして明日からもまだいろんな制限が残るオークランドの地域の人たちのことも、500万人みんなで考えるべきなのだ。

どこかで誰かがしんどい思いをしていたり、苦しい思いをしているのであれば、それでは自分も心から楽しくならないし、幸せにならないと思う。

そう考えてみると、今世界中でこの新型コロナウイルスの感染拡大によって、しんどくて辛い思いをしている人もたくさんいる。その人たちのことも、どこか頭のすみに置いておく必要があると思う。

もちろん、自分が暮らしている地域や、自分の家族や仕事の事もとても大切だけれど、 世界中のどこかで誰かが苦しんでいたり、悩んでいたり、しんどい思いをしているのであれば、 どこか頭の片隅ででもその人たちのことを考えて、 1日でも早く、世界中の人たちみんなが、以前のような生活に戻って、毎日リラックスした日常生活を送れる日が来る。

そんなことも願って生活するのがいいと思う。

+++++++++++++++++++++
弊社では、現在NZで留学を続けている留学生達の現地サポートとあわせて、大学留学、中学高校留学、語学留学などの、2022年以降のすべての留学プランのお問い合わせとお申し込みの受付を承っています。

入国制限の緩和の具体的な日程や、学生ビザのNZ国外からの申請受付の日程が発表されると、お申し込みやビザ申請が一度に集中することも予想されます。 2022年以降の留学をお考えの方は、今が情報を収集する最もいいタイミングです。

お問い合わせは以下からお願いいたします。