ニュージーランド現地無料留学エージェント

高校留学

日本は大学全入時代に入り、一部の有名大学を除き、日本の大学を出たというだけでは卒業後の人生に大きなキャリアにならないのが現状です。また、日本の企業でも終身雇用制度が崩れ、企業にとって即戦力となる本当に実力のある人材が求められる時代になっています。小学校でも英語教育が始まり、高校では英語の授業を英語で行う制度も導入され、また、英語を公用語にする企業もあります。

これからは、英語が話せることが前提で、その上でどんな資格を持ち、どんな経験をしてきているのかが問われる、そんな時代がきています。

そんな時代を生きていくこれからの高校生は、英語力はもちろんのこと、自分で考える力、より広い視野と経験、グローバルな視点を十代のうちから身に付ける必要があります。その方法の一つが、ニュージーランドでの高校留学です。

キックオフNZ の高校留学

キックオフNZ では、「留学は経験である」と考えています。英語を学ぶだけなら日本でもできます。海外の友達を作ることもインターネットを使えば難しくはありません。しかし、日本を離れ、海外に留学に行ってこそできることがあります。それが、海外での「経験」です。留学では、日本では出会わない人と出会い、日本では触れられない文化に触れ、日本では考えられないことに出会い、日本ではできない経験をします。

弊社では、うれしいこと、幸せなこと、楽しいこと、やりがいのあることや達成感を感じる経験だけではなく、失敗や嫌な経験も全て含めて、留学生と一緒に体験し、一緒に考え、一緒に進んで行きます。

ビラマリア

私たちが高校留学生に望むことは、留学中の様々な経験を通して、「自分で考える態度」を身につけてほしいということです。

これからの日本や世界で生きていく若い人達には、今までの日本の社会のように、「みんなと同じようにやっていれば、そこそこうまく行く」「会社で上司に言われたことをとりあえずこなせば、昇進していく」という態度ではなく、周りの人の言っていることややっていることも参考にしながら、自分で考えて判断して行動する、という態度が強く求められています。そういう態度で臨まないと、社会もそして個人個人もうまく行かない時代になってきています。

私たちは、キックオフNZ の高校留学を通して、これからの世界を生きていく「自分で考える態度」を身につけてほしいと強く願っています。

なぜニュージーランドか?

ニュージーランドは、治安もよく、学費も比較的安く、差別も少なく、安心して生活することができます。また、ニュージーランドの教育省が留学生の受け入れを積極的に推奨し、国を挙げて留学生受け入れ態勢を整えています。

留学生を受け入れる学校は、Code of Practice (留学生の生活保障に関する服務規程)という国が定めた厳しい基準をクリアしている必要があり、そのため留学生は安心して学校に通うことができるのです。

ニュージーランドの高校のカリキュラム

高校留学

ニュージーランドの高校の多くは、Year 9 と呼ばれる日本の中学2年生にあたる学年から、Year 13(日本の高校3年生にあたる学年)までの5学年の学生が在籍しています。また、一部の高校では、Year 7 (日本の小学5年生にあたる学年)から7学年が在籍しています。各学年の年齢はおおよそ以下のようになっています。

  • Year 7 (11歳~12歳)
  • Year 8(12歳~13歳)
  • Year 9 (13歳~14歳)
  • Year 10(14歳~15歳)
  • Year 11(15歳~16歳)
  • Year 12(16歳~17歳)
  • Year 13(17歳~18歳)

各学年のカリキュラムは、NZQAという国の資格統括機関によって、細かいところまできちんと決められています。これにより、ニュージーランド国内のどの都市のどの高校に通っても、同じレベルと内容の授業を受けることができます。

ニュージーランドの高校は日本で言う単位制に近い制度です。例えば、Yea r11では必須科目が英語、数学、科学の3科目で選択科目が2~3科目、Year 12では必須科目が英語、数学の2科目で選択科目が3~4科目、Year 13では必須科目なしで全て選択科目などという高校が多いです。

ランギルル

また、Year 11からの授業は、国が定めた基準に沿って行なわれます。その基準をもとに修了し取得する資格をNCEA(National Certificate of Educational Achievement)といいます。

NCEAは一種の国家資格として、ニュージーランドだけでなく、オーストラリアやイギリスなどでも認知されており、ニュージーランドの高校できっちりNCEAの定めた単位を取得すれば国が認める資格を取得したこととなります。NCEAの資格は、ニュージーランドの大学や専門学校の入学資格として扱われます。従って、ニュージーランドの高校で、大学入学に求められる一定基準以上のNCEAの単位を取得していれば、ニュージーランドの大学や専門学校に原則として入学試験なしで入学することもできます。

NCEAの資格は難易度によって3つのレベルにわかれています。Year 11(日本の高校1年)でレベル1、Year 12 (高校2年)でレベル2、Year 13 (高校3年)でレベル3を取得するのが一般的です。しかし、留学生は、Year 11 でESOL(留学生用の英語)を履修し、Year 12 でEnglish のLevel 1 を履修する場合もあります。日本と比べると、学年と履修レベルが必ずしも一致していないことがあり、比較的フレキシブルに学生に合った進度で学習を進めていくこともできます。高校留学後の進路の希望に従って、Year 11 の時から計画的に選択科目を選び、単位を取得していく必要があります。キックオフNZ では、留学中の履修科目や単位取得についての相談も受け付けています。

高校留学

ニュージーランドの大学や専門学校に進学するためには、NCEAの学年末の全国統一試験を受験して、大学入学に必要な単位を取得する必要があります。ニュージーランドの高校で大学入学に必要な単位を取得すれば、入学試験を受けずにニュージーランドやオーストラリアの大学や専門学校に進学することもできます。

また、弊社がご紹介しているニュージーランドの高校はすべて、日本の大学受験資格に求められる「正規の教育課程を実施している学校」に該当しますので、小学校から留学期間まで合わせて合計12年間以上の教育課程を修了して卒業すれば、通常は日本の大学の出願資格が得られます。

詳細はキックオフNZ までお問合せください。

ニュージーランドの高校の学期日程

ニュージーランドの高校は、1月末から2月上旬に新学年が始まり、12月に終了する、4学期制です。例年学期日程は以下のようになっています。基本的には、各学期10週間で、学期の間に2週間のスクールホリデーが入ります。その年により、また学校、学年により多少前後します。日本の高校1年生にあたるYear 11 以上の学年は、通常11月上旬に授業が終了した後、試験期間に入り、試験が終了した学生から夏休みとなります。

  • 1学期 1月末から2月上旬~4月中旬
  • 2学期 5月上旬~7月上旬
  • 3学期 7月下旬~9月下旬
  • 4学期 10月中旬~12月中旬

弊社がご紹介する高校について

現在弊社のオフィスのあるロトルアに加えて、オークランドからクイーンズタウンまで、30校(1グループ校)の高校をご紹介しています。必ずご希望に合った高校が見つかります。高校情報につきましてはキックオフNZ までお問い合わせください。

上記以外の高校への留学をご希望の方は、キックオフNZ まで一度お問い合わせください。

ロトルアについて

ロトルアロトルアはニュージーランドの北島にある、湖と山に囲まれた、自然にあふれる人口7万人の国際観光都市です。治安もよく、物価も安く、自然も多く、人々も優しく、交通渋滞や排気ガスなどの問題もなく、留学生にとっては、学業に専念でき、安心して暮らせる町です。ニュージーランドで最も美しい町に何度も選ばれたこともあり、美しい自然に囲まれてのびのびと生活ができます。

高校留学で最も大切なことは、安全に安心して滞在できることです。また、学業やスポーツを中心に留学生活に専念できることも大切です。ニュージーランドの高校では、どの都市のどの高校でも、各科目、全く同じレベルの同じ内容の授業が行なわれていますので、どの街の高校にするか、どの街で暮らすかを考えて留学することが必要です。ロトルアは高校留学には最適の街のひとつです。

クライストチャーチについて

クライストチャーチボーイズ

クライストチャーチは、南島で最も大きな町で、ガーデンシティとも呼ばれている美しい街です。また、クライストチャーチを中心としたカンタベリー地方のラグビー協会は、ニュージーランド国内でも最もオーガナイズされた協会で、カンタベリー地方はラグビー王国ニュージーランドの中でも、ラグビーの盛んな地域として知られています。

クライストチャーチボーイズハイスクール、クライストチャーチガールズハイスクールなどを筆頭に、ニュージーランドの中でも伝統校と呼ばれる高校も多く、それぞれの高校の学生としての自覚を持ち、学業とスポーツの両方をきちんと行う環境が整っています。

2011年2月に起こった地震で大きな被害を受けましたが、市内中心部の一部以外は、現在通常の生活に戻っています。また、復興に向けてクライストチャーチの人たちはみんな前向きに生活をしています。

卒業高校留学

卒業留学

弊社では1年間から最長7年間の高校卒業留学を承っております。弊社の高校留学生のほとんどは、3年間から5年間など長期の卒業留学生です。

ニュージーランドの高校を卒業すれば、ニュージーランドの大学やポリテク(国立の専門学校)に進む道も開けます。また、ニュージーランドの高校を卒業し、オーストラリアやアメリカ、イギリスの大学に進学する人もいます。日本の高校から進学するより比較的簡単に進学できます。さらに、日本の大学によっては、条件を満たせば一般入試を受けずに帰国子女枠で受験ができる大学もあり、日本の高校を卒業するよりもはるかに卒業後の進路の選択肢が広がります。

どうも日本の学校と合わないと感じていらっしゃる方。とにかくネイティブ並みの英語力を十代のうちにつけたいとお考えの方。日本だけではなく、世界の人たちの考え方や感じ方、文化に触れてみたいとお考えの方。ニュージーランドの伝統高校で高校生としての自覚ある留学生活を送りたいとお考えの方。日本の高校への進学に疑問を感じていらっしゃる方。大学生になってからの留学では遅いとお考えの方。弊社の高校留学を通して「自分で考える態度」を身に付けたい方。ラグビー王国で日本ではできないラグビーの経験をしたい方、など、一度ニュージーランドでの卒業高校留学をご検討ください。

お問い合わせはキックオフNZ まで。

卒業留学開始時期

ニュージーランドの高校は毎年1月末か2月初めに新学年が始まり、12月に終了する4学期制です。卒業留学に最も適した留学開始のタイミングは、ニュージーランドの新学年開始に合わせた中学3年生の2月からです。中学校を3月で卒業して4月から留学されるタイミングもいいですが、早くニュージーランドの高校に慣れて、英語力を少しでも早く向上させるには、ニュージーランドの第一学期開始の2月から留学を始めることをお勧めいたします。

例えば、年度途中の7月や10月からなど、高校に留学するタイミングが合わないときは、事前に現地の語学学校に通い英語力をつけてから高校に留学することもできます。

留学開始時期についてのお問い合わせは、キックオフNZ まで。

ラグビー高校留学 – 卒業留学

女子ラグビー高校留学

キックオフNZ では、男子高校生、女子高校生ともに、ラグビー高校留学の卒業留学も承っています。ラグビー王国ニュージーランドの高校で、すばらしい環境とコーチのもと、英語力をつけ、高校の単位を取りながら、同時にラグビーを思いっきり学びませんか。

男子高校生は、ロトルアボーイズハイスクール、クライストチャーチボーイズハイスクール、セントビーズカレッジでのラグビー高校卒業留学。女子高校生は、ロトルアガールズハイスクールでのラグビー高校卒業留学をご紹介しております。

男女とも、高校卒業後は、帰国子女枠で日本の大学を受験することも可能ですし、ニュージーランドやオーストラリアの大学や専門学校にも進む道も開けます。また、日本に戻ってトップレベルの大学やクラブチームなどでプレーできる可能性もあります。実際にロトルアボーイズハイスクールの卒業生が日本のトップリーグとプロ契約をしています。また、ロトルアボーイズハイスクールの卒業生で、ニュージーランドのプロチームの2軍で活躍をしている選手もいます。女子でも、ラグビーゼブンズでオリンピック日本代表を目指すこともできます。

高校ラグビー留学

また実力があれば、男子の場合はニュージーランドでプロのラグビー選手として活躍できるかもしれません。日本人初のオールブラックも夢ではありません。

ニュージーランドのラグビーシーズンはおおよそ2月末から8月までですが、地域の選抜選手に選ばれると、10月上旬ころまで試合があります。また、セブンズのチームに入ると10月や11月にも練習がある場合もあります。12月、1月はニュージーランドの高校は夏休みですので、日本に一時帰国して、日本のチームに参加してプレーすることもできます。

ロトルアボーイズハイスクールのラグビーアカデミー

ロトルアボーイズハイスクールは、日本で毎年行なわれるサニックスワールドラグビーユースで2度の優勝実績のある、ニュージーランド屈指のラグビー強豪高校です。ニュージーランドのラグビーコーチや選手から、直接個人指導を受けることができます。また、フィジーやイングランドなどからも多くの留学生がラグビーをしに来ています。世界中のラガーマンと友達になれるチャンスです。

ロトルアボーイズハイスクールには、ラグビー部の他に、ラグビーアカデミーが設置されています。ラグビーアカデミーは授業の選択科目の一つで、一学年を通して毎日1時間が授業時間中に行われています。他の人が、芸術や体育などの授業を取っている間に、ラグビーアカデミーでラグビーのトレーニングを受けることができます。ラグビーアカデミーの授業は週に5時間あります。

ラグビーアカデミーの授業に加え、週に2回程度、放課後、チームでの練習があります。チームは、1軍、2軍、3軍、4軍とU15、U14に分かれており、必ずどこかのチームに所属することができます。それぞれのチームが大会に参加しているので、シーズン中は、ほぼ毎週土曜日が他校との試合となり、試合に出場することも可能です。

クライストチャーチボーイズハイスクールのラグビープログラム

クライストチャーチボーイズハイスクールは、クライストチャーチボーイズ45人のオールブラックスを輩出している、ニュージーランドの中でも屈指のラグビー名門高校です。また、スポーツだけではなく、学業にも力を入れており、ラグビー留学生でも学業をきちんと修めることが強く求められています。

クライストチャーチボーイズハイスクールのラグビープログラムは、毎日1時間のラグビークラスを週に4回選択科目として履修することができます。Year 11 以上の学生は単位の取得も可能ですが、履修はYear 9 の学生でも行うことができます。ラグビークラスでは、専門のコーチからボールを使ったスキルトレーニング、フィットネストレーニング、ウエイトトレーニングなどを受けることができます。第一学期から第四学期まで通年の受講が可能です。留学生が対象で、毎年25名限定のクラスです。

クライストチャーチボーイズ

クライストチャーチボーイズハイスクールでは、ラグビークラスの他に、放課後のチーム練習と試合にも参加できます。17歳以上は1軍から5軍(6軍)までのチームに分かれており、その他に、U16、U15、U14、U13のチームもそれぞれ複数編成されています。学業や生活態度が良くない学生は、ラグビーのスキルが高くても、下のチームへの移動を言い渡されることもあります。

また、ラグビーシーズン以外には、授業が始まる前の早朝に、スキル・アンド・コンディショニングが週に3回から4回行われ、シーズン中は早朝のウエイトトレーニングが行われます。

ラグビーだけではなく、学業もしっかりと身に付けたい方、伝統高校でクライストチャーチボーイズハイスクールの学生として自覚のある高校生活を送りたい方に強くお勧めできます。

セントビーズカレッジでのラグビー卒業留学

セントビーズ

セントビーズカレッジは、日本代表選手も含む数多くの日本人プレーヤーが在籍した、カンタベリー地方ではトップレベルの高校です。また、ラグビーだけではなく、学業も厳しく指導される、文武両道の男子高校です。

学業と進学にも力を入れていますので、特別なラグビーの授業は行われませんが、放課後のチーム練習と週末の試合に、セントビーズカレッジの生徒として選果することができます。チームは13歳以下のU13 から1st XV(1軍)まで15チーム程度が毎年作られ、いずれかのチームに所属し、試合に出場することができます。

ラグビートレーニングが本格的に始まる前の第一学期には、タッチラグビーのチームも作られ、留学生も参加することができます。15人制のシーズン中の試合では、1st XV以外のチームの選手は各試合、必ず出場させる、というポリシーがありますので、留学をスタートしてすぐの選手も、カンタベリー地方の大会に毎試合出場する機会があります。

セントビーズ

学内に寮があり、寮の目の前にグラウンドがありますので、いつでも好きなときに練習を行うことができます。

日本のラグビー強豪高校ではなく、カンタベリー地方でハイレベルのトレーニングを受けたい方。また、ニュージーランドの大学や専門学校に進学し、高校卒業後もニュージーランドでラグビーを続けたいと考えている方にお勧めの学校です。

ロトルアガールズハイスクールでの女子高校ラグビー卒業留学

ロトルアガールズハイスクールのラグビー部のコーチは、ニュージーランドの女子セブンズナショナルチームのコーチ陣の一人でもあります。また、ベイオブプレンティ地域の高校女子選抜チームのヘッドコーチも務めています。従って、ロトルアガールズハイスクールのグランドで、ナショナルチームの練習が行われることもありますし、ベイオブプレンティ地域の高校女子選抜チームのトライアルや練習が行われることもあります。

また、ロトルアガールズハイスクールの元副校長先生のご子息は、2011年にオールブラックスに選ばれた選手で、ラグビーに対しても理解のある学校です。

今までにも2名の日本人女子ラグビー選手が、ロトルアガールズハイスクールで卒業留学をしています。

授業はすべて現地の高校生と同じ授業を受講しますので、3年間の留学で英語力は日常会話には困らない程度まで向上します。2月から8月のラグビーシーズンは、放課後週2回のチーム練習が行われます。また、ベイオブプレンティ地方の、女子高校選抜代表に選ばれると、10月上旬まで地域代表同士の試合が行われます。その後勝ち進めば12月までセブンズの試合が行われます。

短期高校留学

キックオフNZ では、5週間程度の短期高校留学も承っています。長期留学を視野に入れた下見としても最適です。滞在は、ホームステイか学校の寮となります。13歳から参加可能ですが、13歳、14歳の方は、事前によくご家族と相談してから留学を決めてください。わからないことがあれば、キックオフNZ の無料カウンセリングをご利用ください。

また、チーム単位での地元高校のラグビー留学、また、ゴルフ留学もできます。夏休みの合宿や春休みの新チームのトレーニングにも適しています。

短期(5週間程度)ラグビー高校留学(男子)

サニックスジュニア大会で優勝した、ロトルアボーイズハイスクールのラグビー部に短期留学します。留学生用の英語などに加え、 第二学期と第三学期には週に5時間のラグビーアカデミーというラグビー専門の授業を受けることができます。あわせて、放課後のラグビー部の練習にも参加できます。 男子のみですが、個人でもチームでも参加できます。

留学時期と期間は、7月中旬から始まる第三学期開始日から5週間程度が最もいいタイミングと期間です。今までにも、数多くの日本からの留学生がロトルアボーイズハイスクールで短期ラグビー高校留学をしています。

短期(1学期間=22週間)ラグビー高校留学(男子・女子)

女子ラグビー高校留学

男子女子ともに、クライストチャーチのバーンサイドハイスクールに留学する、英語とラグビーに特化した留学です。例年、3月中旬にプログラムが始まり、8月下旬に終了します。このプログラムの卒業生には、男子のラグビーの日本代表に選ばれた選手もいます。また、女子でも、日本代表候補になっている選手もいます。

22週間の留学中は、ウエイトトレーニングやフィットネストレーニング、そしてボールを使ったトレーニングを含めたラグビーのトレーニングと、留学生用の英語の授業が行われます。英語とラグビーに集中した生活を送ることができます。また、放課後に行われる各高校のラグビー部に所属して、週2回程度の練習や週末の試合に参加することができます。

宿泊は、男子は他の同じプログラムを受講する生徒との寮生活。女子は一人ずつのホームステイとなります。

英語力アップのための留学前語学研修

長期の高校留学前に現地の語学学校で、留学先の高校の授業についていくために必要な最低限の英語力をつけるのも一つの方法です。 ホームステイをしながら、スムーズに高校留学をスタートできるように 街や生活にも慣れることもできます。長期高校留学前の短期の語学留学もキックオフNZ がアレンジします。

お問い合わせはキックオフNZ まで。

ロトルアの高校を見学する

随時ロトルアの高校の見学を受け付けております。 見学にはキックオフNZ のスタッフが同行します。見学は無料です。

キックオフNZ のスタッフが同行し、各学校の担当者と一緒に、施設や学校の様子を見て回ります。授業への参加はできませんが、学校の先生やスタッフに話を聞くことができます。

高校見学ご希望の日をキックオフNZ までご連絡ください。 キックオフNZ が各高校にアポイントを取り見学をアレンジします。 (高校の都合によりご希望の日と多少ずれることもあります。また、他の見学者と同じ日程になることもあります。)

オークランドからロトルアまでのシャトルバス手配もキックオフNZ が行うこともできます。

お問い合わせはキックオフNZ まで。

高校留学準備無料サポート

下記の3つの高校留学準備サポートは無料です

  • 無料留学カウンセリング
  • 高校留学を決めるまでのEmailによるカウンセリングは、何度でも無料です。わからないことはカウンセラーに納得のいくまで何度でも相談してください。

    無料カウンセリングはこちらから

  • 高校入学申し込み申請手続き代行
  • ご希望の高校への申し込み、旅行・医療保険申し込み、ホームステイ手配、 オークランドまたはクライストチャーチ国際空港からホームステイ先までのトランスポート手配を代行します。

  • 学生ビザ申請アドバイス
  • ニュージーランドの高校に3ヶ月を超えて留学するためには、学生ビザを取得する必要があります。キックオフNZ を通して高校留学をお申し込みただいた方を対象に、申請用紙の書き方や申請の仕方、必要書類のそろえ方などをアドバイスします。実際の申請はお申し込み者ご本人で行なってください。

キックオフNZ の現地ガーディアンサービス

ニュージーランドに高校留学するためには、その期間に関わらず、ガーディアン(後見人)が求められます。 キックオフNZ が、現地の暮らしが長くしっかりした信用のおける日本人ガーディアンをご紹介します。高校留学は現地に到着してからが本格的なスタートです。弊社を通して高校留学にお申し込みをいただいた方は全員、日本人ガーディアンが24時間体制でサポートをいたしますので、安心して留学生活を送ることができます。

ガーディアンサービス内容

  • 留学生との定期コンタクト
  • 定期的に、ガーディアンが、スカイプ、電話、メールなどで話を伺います。ロトルアの高校に留学されている場合は、直接お会いして面談することも可能です。

  • 日本の保護者へのご報告
  • 留学生とコンタクトを取ったときには、日本の保護者へ直接Email でご報告をいたします。

  • メンタルケア・カウンセリング
  • 精神的にケアが必要な場合のカウンセリングを行います。

  • アクシデント&トラブルサポート
  • 事故や病気で病院に行かなければならなくなった場合のサポート、 トラブルに巻き込まれた場合のサポートを行います。

  • 24時間電話サポート
  • 24時間いつでも留学生からの電話コンタクトを受け付けます。

  • 高校との連絡
  • 定期的に留学先の高校と連絡を取り、留学生の高校での様子を聞き、日本の保護者にお伝えします。

  • 現地銀行口座開設サポートとお金の管理
  • 長期留学生のニュージーランドの銀行口座の開設をサポートします。また、留学生のお金の管理が必要な場合、その方法を保護者と相談します。

費用について

留学前のカウンセリングは無料

キックオフNZ では、留学前のEmail によるカウンセリングは、何回でも無料で承っております。

留学決定後のお申し込み代行も無料

留学前のカウンセリングの後、弊社を通して留学のお申し込みをいただく方は全員、学校の申込み代行、ホームステイ手配、保険手配、シャトルバス手配、そして、学生ビザ申請用紙記入のアドバイスなどを、すべて無料で行ないます。

ガーディアン費用

  • 1年間 NZ$4,200
  • 24週間 NZ$2,200

短期の場合は、お見積もりとなります。

その他留学に必要な費用

  • ビザ申請費用 (日本国籍の方が日本国内で申請をする場合は無料)
  • 健康診断費用(ビザ申請時に必要です) 実費 (移民局指定の病院で受診する必要があります)
  • 航空券 実費

など

その他、普段の生活にかかるお小遣いは、人によって違いますが、週NZ$50~NZ$100くらいが目安となります。

キックオフNZ の、留学生奨学金(スカラシップ)制度

キックオフNZ高校生スカラシップ

キックオフNZ では、高校留学生ヘの奨学金制度、「キックオフNZ 高校スカラシップ」があります。キックオフNZ を通じて高校留学をお申込みいただき、かつキックオフNZ のガーディアンサービスをお申込みいただいた方で、弊社を通しての留学期間が8ヶ月間を超えた方を対象としています。

キックオフ高校スカラシップ 授与基準

  • 過去の留学期間中、留学先高校での成績が優秀であること
  • 過去の留学期間中、留学先高校で、スポーツ、芸術などの活動で特に秀でた成果を残していること
  • 過去の留学期間中、生活態度が優秀であること
  • その他、奨学金を授与するに相当な活動などを行なっていること
  • すでに引き続き弊社のガーディアンサービスを今後8ヶ月間以上申し込んでいること

奨学金金額

今後1年以上留学する学生 NZ$500

今後半年以上1年未満留学する学生 NZ$250

スカラシップ対象人数

毎年最大1名

選考について

毎年1月に前年の留学生活を対象として選考を行ないます。スカラシップ生に選ばれた学生と保護者には、別途直接通知をし、さらにキックオフNZ のウエッブサイト上で氏名を発表します。

留学を考え始めてから留学開始まで

キックオフNZ の留学カウンセラーに、学校のこと、費用のこと、生活のこと、サポートのこと、申込み方法など、納得のいくまで何度でも相談してください。留学前のEmail によるカウンセリングは、何度でも無料です。

最終的に、留学先高校、留学期間、開始希望日など詳細が決まりましたら、お申し込み手続きを開始させていただきます。

弊社からお送りいたします高校への入学申請書類に必要事項を記入し、日本の在籍学校の成績証明書(英文、現在中学、高校在籍中の場合)、あるいは、中学の卒業証明書とともに高校へ提出します。こちらから記入説明をお送りしますのでそれをご覧になって記入してください。わからないことがあればご連絡ください。また、弊社のガーディアン申込み書も記入しお送りいただきますが、こちらは日本語で大丈夫です。ガーディアン申込書もメールにてお送りいたします。必要書類は記入後、念のため弊社までEmail で送信いただき、そちらでコピーをとった後、弊社まで原本を郵送してください。

ニュージーランドの高校からOffer of Place という書類が発行されます。これは、入学申込み受け付けの証明書です。同時に弊社からガーディアン費用を含めた請求書をお送りいたします。内容をご確認の上、弊社宛にお振込みをお願いいたします。通常、請求書発行日から1週間以内に全額を振り込んでいただいています。ご都合の悪い場合はご連絡ください。

お振込みを確認しましたら、弊社から領収書をお送りいたします。また、学校からConfirmed Offer of Place と宿泊保証及び費用の支払いを確認したという書類が発行されますので、すぐにお送りいたします。

航空券を購入します。航空券は、渡航日程が決まったらできるだけ早く購入してください。

学生ビザを在日本ニュージーランド大使館に申請します。学校からのOffer of Place と費用の支払いを確認したという書類がビザ申請には必要です。それ以外の書類など必要なものは、この時点までにそろえておいてください。学生ビザ申請書の書き方でわからないことがあれば、ご連絡ください。ビザの申請書郵送自体は、パスポートを添えて日本で保護者の方が行なってください。

ホームステイ、保険は学校(または弊社)が手配します。手配できましたら弊社から詳細をご連絡します。

これで留学前の手続きは終了です。

お申込み後、ホームステイ先(ホームステイご希望の方)が決まりましたら詳細をご連絡します。

長期留学のお申込みは、学生ビザの申請のことを考えると、遅くてもご出発日の3ヶ月から4ヶ月くらい前をめどにに完了していただくことをお勧めしています。例えば、2月からの長期留学の場合は高校の休校期間なども考え合わせますと、留学前年の9月初旬頃までには留学の詳細をご決定いただき、9月中旬頃からお申し込み手続きを始めさせていただき、10月上旬までにはお申込を完了していただき、10月中旬頃には学生ビザを申請するというタイミングです。

高校留学は、費用もかかりますし、人生の大切なことですので、留学開始のタイミングなど、ご本人もご家族も納得した上でお申込みされることをお勧めします。その際に、ご相談、また現地の情報など必要であれば、小さなことでもかまいませんので弊社までお問い合わせください。

留学カウンセリングはこちらから