ニュージーランド現地無料留学エージェント

今週の土曜日、4月4日で、デイライトセービング(サマータイム)が終了する。

デイライトセービングの期間は、2007年から変更になった。それまで、10月の第一日曜日から翌年の3月の第三土曜日までだった期間が、2007年のデイライトセービングの開始日から、9月の最終日曜から翌年の4月の第一土曜日までと延長された。

観光国であるニュージーランドは、デイライトセービングの期間を延長することで観光客が滞在し易くなるし、文字通り、照明が必要な時間を短縮することで、地球環境にもやさしいというのが延長の理由らしい。

ニュージーランドヘラルドのサイトでも、デイライトセービングの延長について議論されているが、ざっと見たところ、延長に賛成の意見が多いようだ。私も、延長には賛成だ。この時期、朝6時に起きるとまだ真っ暗だが、夕方は7時過ぎまでまだ明るく、仕事が終わってから太陽の光の下で過ごせる時間が長い。デイライトセービングの開始と終了時に時差ぼけが生じて体にもよくないという意見もあるが、1時間程度の変更なら1週間もすれば体は対応できるし、体調が崩れるというほどの違いはない。

もうすぐデイライトセービングが終わる。終わると急に日が暮れるのが早くなって、冬が来たことを実感する。なんとなく寂しさが漂う季節だ。