ニュージーランド現地無料留学エージェント

この1年半、世界中の人が様々な行動を制限されてきた。

その代わり、オンラインミーティングや在宅勤務、バーチャル旅行などが登場したり、オンラインショッピングが以前よりも一般的になったり、人々が移動しなくてもさらにいろんなことができて、いろんなものを楽しめるようになった。

そんな状態が1年半以上続くと、人々は移動せずに仕事をしたりいろんなことを楽しむことに慣れてきて、「もうこれでいいじゃん」と思うようになってくる。

通勤しなくても仕事が進んだり、直接会わなくても会議ができたり、その場所に行かなくても旅行した気分を味わえたり、店に入らなくてもほしい商品が手元に届いたりするのは、とても便利だし、時間やエネルギー、そしてお金の節約にもなるだろう。

でもやはり、実際に時間とエネルギーをかけて移動するのと、ネットを使うのとでは、決定的に違うこともある。

例えばコンサートやお芝居、スポーツの試合なども、無観客でオンライン配信もできるし、実際に行われているけれど、やはりコンサート会場や劇場、スタジアムに行って観るのとは、身体で感じるものが全く違う。

チケットを買って、友達を誘って、待ち合わせをして、その場所に一緒に向かい、会場が近づいてくると気持が高揚し、会場に入ってその雰囲気や臭いや音を感じ、だんだん席が埋まっていくのを眺めながら、開幕を待つ。

そんな経験は、やはり、実際にそこに足を運ぶことでしかできないことだ。

また例えば旅行や留学なども同じだ。

バーチャルツアーやオンライン授業も便利だけれど、計画を立てて、航空券を買い、持っていくものを用意して、荷物を詰めて、空港に向かい、チェックインをして、出発を待ち、飛行機の中で映画を観たり食事をしたりして、目的地について掲示を見ながらうろうろし、その場所の光や色や音や臭いを感じる。

そんな経験も、実際にそこ自分が移動することでしかできないことだ。

移動が制限されているときには、ネットも確かに便利だし、これからますます便利になっていくだろう。

でも、ネットじゃダメなものもある。実際に自分が移動しないと感じないもの、経験できないことがある。

それを忘れないようにして、みんなが以前のようにどこでも移動できる日がくるのを待つのがいいと思うのだ。

+++++++++++++++++++++
弊社では、現在NZで留学を続けている留学生達の現地サポートとあわせて、大学留学、中学高校留学、語学留学などの、2022年以降のすべての留学プランのお問い合わせとお申し込みの受付を承っています。

入国制限の緩和の具体的な日程や、学生ビザのNZ国外からの申請受付の日程が発表されると、お申し込みやビザ申請が一度に集中することも予想されます。 2022年以降の留学をお考えの方は、今が情報を収集する最もいいタイミングです。

お問い合わせは以下からお願いいたします。