ニュージーランド現地無料留学エージェント

中学高校留学生の中には、留学後に日本の大学に進学を希望する人も多い。

日本の大学に進学する場合、帰国生入試かAO入試を受験するのが一般的な方法だ。ただ、今までの弊社の留学生の中には、センター試験(現共通テスト)の英語1科目入試や、9月入学入試などで大学に進学した留学生もいたので、4月入学の帰国生入試やAO入試が唯一の進学方法というわけではない。

帰国生入試やAO入試の場合、留学生が日本の高校3年生にあたるYear 13のときに入試が行われる。大学や学部によってその日程は異なるけれど、おおよそ以下のような日程のところが多い。

5月~6月 入試要項発表
7月~10月 出願
9月~11月 受験

ほとんどの場合、日本に帰国して志望大学に実際に出向いて受験する必要があるので、ニュージーランドで高校留学をしている人は、ニュージーランドを一旦出国する必要がある。

例年ならば、たとえば9月に日本の大学受験のために一時帰国した留学生は、受験が終わるとまたニュージーランドに戻ってきて、11月か12月まで留学生活を続ける。

ニュージーランドの高校では、単位取得に必要な全国統一試験が11月に行われるので、その期間はニュージーランドに滞在する必要がある人も多い。また、ラグビー高校留学生でセブンスをプレーする人は、例年12月上旬に行われるセブンスの全国大会コンドールセブンスに出場するために11月、12月をニュージーランドで滞在する人もいる。

ただ、昨年と今年は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、ニュージーランドには入国制限があって、学生ビザでニュージーランドに滞在している人が一旦国外にでたら、今日現在はまだ原則としてニュージーランドには再入国できない。だから、帰国生入試やAO入試を受験するために9月や10月に日本に一時帰国すると、ニュージーランドに戻ってくることは現時点ではできない。

弊社には、今年も日本の大学の帰国生入試やAO入試を受験する人がいるので、彼ら彼女らの志望大学に、ニュージーランドにいながら、たとえばオンラインなどでの受験は可能か、問合せてみたけれど、どの大学も、必ず大学に本人が行って受験することが求められる、という回答だった。

ちなみに昨年は、一校だけ、ニュージーランドからオンラインで面接を受けることができた大学もあった。

もうすでに帰国生入試やAO入試の出願が始まっている大学学部もあるので、留学生も出願準備を進めている。また、9月や10月に受験をする人は、帰国する航空便の予約も進めている。

難しいのは、日本の大学の出願資格のなかに、ニュージーランドの高校でNCEAのLevel 3やUniversity Entrance の単位を取得している、あるいは取得できることが求められているところもあるにもかかわらず、学年途中の9月や10月に日本に受験のために帰国すれば、そのあとはニュージーランドでの留学を続けられない、つまり、ニュージーランドの高校での単位取得を進めることができないことだ。

だから、弊社の留学生には、志望大学の出願資格をよく確認して、Level 3やUEが求められている場合は、受験のために帰国するまでに単位取得ができるかどうかを考えて、計画を立てて単位を取っていく必要がある、とあらかじめ伝えている。

留学生をずっとニュージーランドで見守っている私たちからすれば、入国制限があって再入国できない、ニュージーランドなどの国に滞在している留学生は、ニュージーランドを出国することなく受験可能な体制も日本の大学に整えてほしいと思う。

受験のために必ず帰国することが日本の大学に求められて、同時に、留学先の高校での単位取得も大学出願資格として求められる、というのは、ニュージーランドにいる受験生にとっては、かなり難しい条件だからだ。その条件があるために、本当に志望する大学学部を受けられない人もいるし、留学先の高校での希望の単位取得ができない人もいる。

Year 13の留学生で日本の大学を受験する人は、今からが本番だ。特に昨年と今年は、受験日程、帰国日、単位取得など様々なことを考えて、より短期間でハードな勉強をすることが求められる。

弊社の留学生も、その他ニュージーランドやいろんな国に滞在している留学生のみなさんも、志望の大学に合格することを願って、応援しています!

+++++++++++++++++++++++++++
大学留学のお問合せ・お申込みを承っています。

現在NZへの入国はまだ制限されていますが、まずはオンラインで日本から授業を受けるところからスタートして、入国できるようになったらすぐにNZ現地の大学に通うこともできます。

お問い合わせは、お手数ですがこちらからお願いいたします。
+++++++++++++++++++++++++++