ニュージーランド現地無料留学エージェント

できないところを指摘する

できないところを指摘する

子どもを育てていると、よく「あっしまった。言い過ぎた。」などと感じることがある。 きちんと靴をそろえなさいとか、姿勢正しく座りなさいとかの作法について、また、人に何かをしてもらったら必ずきちんとお礼を言いなさいなどの礼儀について、あるいは、宿題を先にやってから遊びなさいとか、部屋を片付けなさいとか、 …

高校留学個人相談会を実施します

高校留学個人相談会を実施します

キックオフNZ では、今年5月に、東京と大阪で、高校留学個人相談会を実施いたします。 ニュージーランドの実際の学校の様子、留学生の生活、寮生活について、日本の学校生活がなかなか合わない方の高校留学について、ラグビーの環境についてなど、現地で留学生を見ている留学カウンセラーが経験を踏まえてご質問にお答 …

楽なほうに流れる経験も

楽なほうに流れる経験も

弊社の高校留学生の中には、長期のラグビー高校留学生が何名かいる。 彼らは、日本では中学生レベルで都道府県の代表程度まで選出された人も多い。でも、ニュージーランドに来て現地留学生と一緒にラグビーを始めると、そのレベルの高さ、現地学生との体の大きさの違いに頭を打つ人がほとんどだ。 そしてそこから彼らのラ …

留学生達とランチパーティ

留学生達とランチパーティ

昨日の日曜日、留学生達と一緒にうちでランチパーティをした。 晴れたら庭でバーベキューをしようと考えていたけれど、前日の土曜日には天気予報は大雨。雨が降って庭に出られないと、狭いうちの家ではどうしようもないくらいの人数だったので、どうぞ晴れますようにと祈っていたら、奇跡的にランチパーティの時間だけほと …

明日の自分よりも今日の他人

明日の自分よりも今日の他人

先日このブログ「今日は昨日と違う自分」で、「今日の自分は昨日と違う新しい自分だと考えることで、昨日できなかったことにチャレンジしたり、今日やるべきことを今日中にやったりすることができるかもしれない」と書いた。 全てのものが常に変化しているのなら、昨日の自分と今日の自分は違う自分だから、昨日落ち込んで …

高校留学生のゴールセッティング

高校留学生のゴールセッティング

弊社の長期の高校留学生達には、毎年学年の初めにゴールセッティングをやってもらっている。 弊社が作成した用紙を渡して留学生に記入をしてもらい、それを見ながらひとり一人時間をかけて面談をして、最終的に決まったゴールを弊社で清書して、留学生と保護者にお渡しする。 このゴールセッティングをすることで、その年 …

日本食が恋しい!

日本食が恋しい!

ある高校留学生が、少しホームシック気味になっていた。 いろいろと話を聞くと、無性に日本食が恋しいという。 長期の留学生の中には、レンジで温めて食べるごはんを日本から親御さんに送ってもらっている人もいるけれど、その留学生はしばらく白いご飯を食べていないらしい。 じゃあ一度、スーパーマーケットでオースト …

ちょっと変わっているという子ども達こそ

ちょっと変わっているという子ども達こそ

今、日本の国立新美術館で、「草間彌生 わが永遠の魂」が開催されている。 草間彌生は、日本だけではなくもちろん世界で認められた芸術家で、ニュージーランドのウエリントンにある国立博物館Te Papaでも何年か前に展覧会が開かれていた。調べてみると、ニュージーランドの小学生を対象とした課外授業にも草間彌生 …

春休み短期留学生達が到着

春休み短期留学生達が到着

ニュージーランドの学校はまだ第一学期の途中だけれど、日本の学校はそろそろ春休みだ。 春休みを利用して短期留学生達がニュージーランドに到着してきている。英語とアクティビティの語学学校のコースに行くご兄弟、ラグビー高校留学をする男子高校生、来年からの長期での高校留学を目指して2週間ほど体験留学に来る中学 …

アリ退治

アリ退治

家の中でアリを見つけた。 ペストコントロールの専門家に聞いてみると、どこか外から家の中に入ってきているはず、とのこと。家の外にアリの行列を見つけたら、その列にクロスするように薬を撒いてみるといい、と青い色の薬をくれた。 その青い薬には、アリが好む甘い砂糖のようなものと少量の毒が混ぜられているという。 …

自分で留学の問い合わせをする中学生

自分で留学の問い合わせをする中学生

高校留学生の年齢は、日本で言えばおおよそ中学2年生から高校3年生までだ。 だから高校留学のお問い合わせは、ほとんどが親御さんから頂く。 でも中には、本人から問い合わせを頂き、何度かのやりとりの後、申し込み書類も本人が記入したり、必要書類を自分でそろえて提出してきたりする人もいる。 今年の弊社の長期高 …

家に帰りたいというだけがホームシックではない

家に帰りたいというだけがホームシックではない

長期の高校留学生達がニュージーランドで留学生活を始めた時、半数以上の人達がホームシックになる。 特に11歳や12歳で長期留学をスタートさせた留学生達は、初めて親元から長期間離れて暮らす寂しさや、言葉が通じないいらだち、文化の違いからくる戸惑いなどから、無性に、日本に帰りたい!と感じる。当然だと思う。 …

日本の高校生は自分で考えようとしない?

日本の高校生は自分で考えようとしない?

昨日の日本の新聞のオンライン版に、「日本の高校生「一夜漬け」「授業中居眠り」最多」という記事が出ていた。 「国立青少年教育振興機構(東京)が13日発表した国際調査から、授業に受け身な日本の高校生の実態が浮き彫りになった。(中略)日本は「できるだけ自分で考えようとする」が33・3%、「勉強したものを実 …

ハプニングを楽しむ

ハプニングを楽しむ

先月クライストチャーチに行ってきた。 ロトルアからクライストチャーチまでは直行便で約2時間。車でオークランドに行くよりも近い。以前はウエリントン経由の乗り継ぎ便が多かったけれど、最近はロトルアからの直行便も増便され、とても便利になった。 ウエリントンでの乗り換えは待ち時間30分程度なので不便ではない …

善意でも悪意でも

善意でも悪意でも

少し前の話になるけれど、娘と一緒に日本の町を歩いていた。 交差点で信号を待っていると、向こう側のビルの入り口の右側に、足を抱えて座り込んでいる小学生くらいの男の子が見えた。「あの子はどうしたんだろう」といいながら交差点を渡ってそばに行くと、肩をふるわせて泣いていた。 周りを見ると行き交う人は気付いて …