ニュージーランド現地無料留学エージェント

ニュージーランドの親を見ていて感じるのは、とにかく子どもを褒める。

自分の子どもの話をするとき、「うちの息子は数学は得意で、スポーツも地域の大会で1位になったんです」などと言う。聞いている他の親達も、「それはすばらしい!」などと言う。

その上よく、「I’m very proud of her/him」などとも言う。しかも本人の目の前で言う。

ニュージーランドで暮らし始めた当時はかなり違和感があったけれど、今では私も自分の子どもを褒めるし、他の親がどれだけ褒めていても、「すごいお子さんなんだなぁ」と素直に感じる。

子どもを褒めると、特に本人の前で親が褒めると、子どもの自己肯定感がかなりあがるように思う。また、親子の関係にもいい影響を与えると思う。

確かに、褒めてばかりいると、甘えが出るとか、できないことができるようにならない、ということもあるかもしれない。

でも、少なくとも人前で親から褒められると、子どもはうれしいし、「親は自分のこんな部分もきちんと見てくれているのだ」と感じるだろう。そのプラスの部分だけでも、褒める価値は十分あると思う。

日本で親が子どもを他人の前で褒める時には、「親ばかで申し訳ない」などと言う。でも親ばかで全くかまわないではないか。そもそも親は子どもに対して冷静で客観的な評価をするのは難しいだろうし、ほとんどの親は子どものことを好きで好きでたまらないのだ。

もっとこんなこともできてほしいという願いもあるだろうけれど、本当は今持っているいいところをどんどん伸ばしてほしいのだ。

多くの親は時間があれば子どものことを考えているだろうし、成長していくのを楽しみに生きている。一言で言えば、親ばかな親がいるのではなくて、親はみんな子どもに対してバカになっている。

だから、親ばかで申し訳ないなどとエクスキューズしなくても、どんどん人前で子どもを褒めればいいのだ。

一度、本人に向かっても人前でも、とにかく子どもを褒める、というのを1ヶ月くらい続けてみるのはどうだろう。それで子どもがどんな変化をするか、親子関係がどう変わるか、そして親自身の気持ちや態度がどうなるのか。

子どもが小中高校生の間に、一度やってみる価値はあると思う。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
【 無料!高校留学個人相談会!! 2019年5月】

<日程・会場>
5月11日 土曜日(東京会場)
5月25日 土曜日(大阪会場)

費用は無料です。

長期の中学高校留学はもちろん、日本の夏休みや春休み期間を利用した短期高校留学、短期ラグビー高校留学のご相談も承ります。

お問い合わせは、お手数ですがこちらからお願いいたします。

個別相談会ですので、恐れ入りますが事前の予約制でお一組様30分間程度とさせていただきます。ご来場は、ご本人とご一緒でも、保護者の方だけでもかまいません。

定員に達し次第締め切らせていただきます。お問い合わせはお早めにお願いいたします。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++