ニュージーランド現地無料留学エージェント

今、ニュージーランドの学校でも問題になっているのは、いくつくらいからスマホやタブレットを持たせるのか、ということだ。

もし、子どもがスマホ中毒のようになってしまい、朝から晩までスマホやタブレットで動画を見たり、ゲームをするようになってしまうと、そこから抜け出すのには時間がかかるし、普段の生活や学業にも大きな影響を与える。親や学校が考える大きなリスクの一つはそこだと思う。

ただ、中毒と言えば、大人でもスマホ中毒のようになっている人もいるだろうし、先日、ネットを眺めていると、スマホ中毒と同じように、仕事にも中毒になっている大人も多いのではと書かれていた。

スマホを持ってないと、スマホでネットにつながっていないと、不安で仕方がない。それと同じで、仕事場にいないと、仕事をしていないと、不安で仕方がない、という大人がいる。

スマホ中毒の人は、自分がスマホを使う理由をいくつでも述べることができるし、一見正当な理由のように見える。同様に、仕事中毒の人は、自分が仕事ばかりする理由をいくつでも述べることができるし、一見正当な理由のように見える。

今、日本は働き方改革という名の下に、残業時間の短縮や働き方の根本的な見直しに注目が集まっているようだ。けれど、システムや制度がいくら変わっても、「仕事中毒」になっている個人がいれば、ワークライフバランスや、ワークアズライフなどはなかなか進まないだろう。

スマホもそうだけれど、もし仕事にも中毒性があるのなら、自分はその中毒にやられていないか、と一度振り返ってみてもいいかもしれない。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
【 高校留学個人相談会のお知らせ!! 】

5月に下記日程で、東京、大阪で「高校留学個人相談会」を実施いたします。
現在小学生から高校生の方とその保護者の方が対象です。

<日程・会場>
5月12日 土曜日(東京会場)
5月26日 土曜日(大阪会場)

費用は無料です。

長期の中学高校留学はもちろん、日本の夏休みや春休み期間を利用した短期ラグビー高校留学のご相談も承ります。

お問い合わせは、お手数ですがこちらからお願いいたします。

個人相談会ですので、恐れ入りますが事前の予約制でお一組様30分間程度とさせていた

だきます。ご来場は、ご本人ご同伴でも、保護者の方だけでもかまいません。

定員に達し次第締め切らせていただきますので、お問い合わせはお早めにお願いいたします。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++