ニュージーランド現地無料留学エージェント

ニュージーランドでは今月、国勢調査が行われる。

ニュージーランドの国勢調査は日本と同じく5年に一度だ。対象となるのは、ニュージーランドに普段居住している人ばかりではなく、原則として国勢調査の日にニュージーランドに国内にいる人達全員だ。

Census のウエブページには、Everyone who is spending the night in the in this dwelling on Tuesday 6th March 2018 must complete a form. Forms need to be completed for babies, children and visitors. と書かれている。

今日3月6日の夜の時点での調査だ。

今年から国勢調査はオンラインで入力するようになった。前回は紙の用紙を配布されてそれに記入したので、オンラインでの調査は今回が初めてだ。私もニュージーランドで5回目の国勢調査だけれど、大きな変更だ。

もちろん、ネット環境がない世帯もあるので、紙での調査を希望すれば、紙の用紙が送られてくる。

各戸に12桁のアクセスコードが書かれた封書が届き、www.census.govt.nz にアクセスしてコードを入力すると、住所の確認画面になる。確認後、3月6日時点でその住まいに滞在している人を対象に調査が行われることになる。

質問は、その住居についてと、調査日の夜にその住居に滞在している人それぞれについてに分かれている。

住居については、一戸建てかマンションか、何階建てか、部屋はいくつか、暖房設備について、車の有無、キッチンや浴室、トイレの有無、などがある。

個人の質問は、生年月日、性別、民族、生まれた国、1年前に同じところにいたかどうか、使っている言語、宗教、などに加えて、視力や聴力、コミュニケーションや歩行に支障があるかどうか、たばこを吸うかどうか、婚姻、学歴、収入、職業などの項目もある。

住居と個人一人の入力でおおよそ20分から30分程度かかるけれど、それほど難しいものではない。

ただ私は、オンラインよりも紙を読みながら書いていくほうが、ゆっくり取り組みやすいと感じた。もし多くの人が同じように感じているのから、例えば、最後のほうにある質問は正確性に欠けるなど、国勢調査の結果にも何らかの影響があるかもしれない。

オンラインのほうが調査結果は早く出るのではないだろうか。2013年の結果は以下から見られる。

2013年NZ国勢調査結果

How to complete your census online

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
【 高校留学個人相談会のお知らせ!! 】

5月に下記日程で、東京、大阪で「高校留学個人相談会」を実施いたします。
現在小学生から高校生の方とその保護者の方が対象です。

<日程・会場>
5月12日 土曜日(東京会場)
5月26日 土曜日(大阪会場)

費用は無料です。

長期の中学高校留学はもちろん、日本の夏休みや春休み期間を利用した短期ラグビー高校留学のご相談も承ります。

お問い合わせは、お手数ですがこちらからお願いいたします。

個人相談会ですので、恐れ入りますが事前の予約制でお一組様30分間程度とさせていた

だきます。ご来場は、ご本人ご同伴でも、保護者の方だけでもかまいません。

定員に達し次第締め切らせていただきますので、お問い合わせはお早めにお願いいたします。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++