ニュージーランド現地無料留学エージェント

ブラックフライデーだそうだ。

ウィキペディアによると、「ブラックフライデー(英語: Black Friday)とは、小売店などで大規模な安売りが実施される11月の第4金曜日のことである。アメリカ合衆国では感謝祭(11月の第4木曜日)の翌日にあたり、この日は正式の休暇日ではないが、休暇になることが多く、ブラックフライデー当日は感謝祭プレゼントの売れ残り一掃セール日にもなっている。」とのことだ。日本でも、「2016年にはノジマやイオングループが初めて本格的なブラックフライデーのセールを開催した」ということなので、ご存知の方も多いかもしれない。

そしてニュージーランドでも、昨年頃からブラックフライデーセールをやるところが増えてきた。今年は多くの店で当たり前のようにやっている。

ウエブサイトを見てみると、例えば、the warehouse は、「Red Friday Deals 」と銘打って家電、ゲーム、おもちゃなど幅広くセールをしている。また、Farmers では、「2 Day Blackout Sale」として大幅なセールを行っている。電器店でも、noel leeming は、「Black Friday it’s our biggest ever!」という表現を使っているし、Harvey Norman ではずばりBlack Friday Saleと書いている。その他、アウトドアのKathmanduやスポーツ用品のRebel Sport でも今日金曜日から週末にかけて大規模なセールを行うようだ。

小売ではないけれどちょっと変わったところでは、ニュージーランド航空がオークランド発の東京・大阪までの航空券を片道NZ$399などと破格のセールをしている。

もともと米国の感謝祭の翌日のセールから始まったとのことだが、感謝祭の「か」の字もほとんど聞かないニュージーランドでも、ブラックフライデーが広まってきている。

ニュージーランドで次の大きなセールは、12月26日のボクシングデーセールだけれど、1ヶ月前に大きなセールが行われたらまたボクシングデーの賑わいも変わってくるかもしれない。

the warehouse 
Farmers 
noel leeming 
Harvey Norman 
Kathmandu 
Rebel Sport 
Air New Zealand