ニュージーランド現地無料留学エージェント

高校留学生に限らず語学留学生でも、「どうすれば、早く効率よく英語力が身につきますか?」と聞く学生がいる。

気持ちはよくわかる。ニュージーランドに留学に来た目的の一つが英語力の向上であるなら、できるだけ早く英語力を伸ばしたいのは当然だし、できれば楽に英語力がつけば、それに越したことはない。

でも、英語力を伸ばすには時間がかかる。日本で英語教育を受けてきた人は、読む力と書く力はある程度持っているけれど、聞く力と話す力をビギナーレベルから上げていくには、最低でも3ヶ月間はかかるだろう。

例えば長期の高校留学生で中学3年生から留学をスタートした場合、12週間経った二学期になる頃に友達の言っていることが何となくわかるようになってくる。そして、自分で話せるようになるのはもう少し後だ。

でも、日本から来た留学生といつも一緒にいると、もっと時間がかかる。先日も今年の2月から留学を始めた高校留学生に話をしたけれど、二学期が始まってすぐ4月の末頃に、英語力、特に聞く力が伸びたことを実感していないと、英語力の伸びはやや遅いと言える。もしそうであるならば、少し焦る必要がある。

3年から5年間の高校留学をしている学生達が口をそろえて言うのは、「英語力のことを考えても、留学が本当に面白くなって来るのは、留学2年目から」ということだ。「一年目は、生活にも慣れていなかったし英語力もまだまだだったので、自分のことで精一杯だったけれど、2年目から生活パターンもわかってきて、英語でコミュニケーションも取れるようになって、英語力がないことで困ることは少なくなってくる。」と言う。

13歳から15歳の若い留学生達でさえ、英語でコミュニケーションが取れるようになるには1年かかると言うのだから、20歳を越えてから留学に来る人は、おそらくもう少し時間が必要だろう。もちろん留学スタート時点での英語力にもよるけれど、生活に慣れて、英語でコミュニケーションを取りながら留学生活を楽しめるようになるには、想像以上に時間がかかる。

留学してからの英語力の向上には思った以上に時間がかかることを、留学前によく知っておくのがいいと思う。